離乳食

7ヶ月離乳食 ベビーフードの使用方針を考える

7ヶ月になって、離乳食の種類が増えました。

肉、魚、乳製品、海藻を始めていいよ!という時期です。

これまでは、お粥と野菜、とうふにしらす+果物で乗り切ってましたが、種類が増えると手間も増える。

というわけで、ベビーフード(BF)を買いました。ささみの入ってる、キューピーの瓶詰のです。

ただ、旦那さんがBFにいい顔しません。

  • 高い
  • 体にあまり良くないんじゃないの

この2点でマイナスイメージを持っているようです。

 

BFがレトルト食品扱いというのはなんか違うぞ、と思ったんですね。

ただ、どういう利点があるか、ちゃんと説明できるほどではなかったので、咄嗟に言葉が出て来ませんでした。

そんな訳でモヤモヤしたので、BFのメリットを調べてみました。

すぐ加工・保存している為、食材が劣化するリスクが少ない

これですよね。

魚・肉は、どうしても新鮮なものを買おうとすると、刺身とか肉屋さんとか、専門のところまで行って買わなくちゃいけません。

それらも、いつ捌いたものか、何時間経ってるのかはわかりません。

BFは、素材をすぐ加工しています。

和光堂の5ヶ月からのBFに鯛が入ってるのも、そういう管理をきちんとしているから、だそうです。(本来魚のスタートは7か月から)

新鮮な食材をそろえる手間、コストを考えると、なまじBFが高いとは言えないです。

しかも初めて口にする食材ともなれば、1さじしかあげられないし。

大きくなってくれば、子供にも大人と同じ食材を食べてもらいますが、「あかちゃんの体」に「はじめて」の食材を与えるのは…。アレルギー、衛生面から、緊張感があります。

衛生観念なんて、かなり人それぞれです。

そもそも、BFは信頼できるの?と言われればそれまでです。

わたしは「あかちゃんの食材」を日本で扱うことを決めた時点で、重い責任を背負ってる企業だと思います。安全性に傷がつけば、誰も買わなくなります。厳しい道を選んで、やっている事業なんだから、気合入れて管理してると思います。

冷凍餃子にメタミドホスが混入してた事件を忘れたわけではありませんが。

あと、そもそも季節柄売ってない食材もBFだと食べさせてあげられます。

真冬のトウモロコシとか。

メリット・デメリットを天秤に掛けて、使う方針をまとめると

  • 日本のBFを信用する(ただし原材料、内容物、味はチェックする)
  • アレルギーが出ないようだったら、徐々に大人と同じ食材を食べてみる
  • 最初に出会う食材の種類を広げる
  • 少量から食材を用意するのが容易

どこまで受け入れてもらえるかな~、と思いながら、調べものを終了しました。

ていうか大人(旦那さんとわたし)も、添加物や鮮度にもうちょっと気を使ってもいいんじゃないかなw

 

2~3日経ったある日、パン屋さんで食パンを買ってきて、耳を落として冷凍しました。

その残りのパン耳を見た旦那さんが

「これどこで買ったの~?」

と、パン耳だけをGETしてきたと思ったのか、面白そうに聞いてきたので、

「●●パン屋で、赤子用の食パン買ってきて、白い所冷凍した残りだよ~。赤ちゃんに、添加物いっぱいの市販品あげるの、いやでしょ~。初めてあげるし」

と言ったら、理解を示してくれました。

この流れで伝えたいなぁと思い、続けてBFのメリットの話もしました。

わかってくれました。

一般のレトルト食品とは違う、という事と、衛生面でのメリットが、伝わったみたいです。

わたしも慣れない離乳食作りなので、積極利用したいです。

味見もしていこうと思います。気になるw

👇ランキングに参加しています。
いつも応援クリックありがとうございます♡


にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

みゆの子育てライフへようこそ

みゆ
みゆ
育児・お家のリアルタイムな情報をシェアします!

産後うつをきっかけに、育児の記録を兼ねてブログを始めました。0歳期の完ミ育児を経て1歳からは知育も開始!

1級建築士。住宅は建築士目線のレポートを更新中です。

カテゴリーリスト

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA