住宅

建ぺい率からわかる!土地の必要な面積

わが家は30坪の土地です。

札幌市では狭い土地に分類されると思います。

ここに、3LDKの二階建て、物置、車のスペースを2台設計しました。

訪れてくれた義母は「よく入ったわね~!」と驚かれました。

近隣では3階建ての家も多いのですが、うちでは2階建てまでにしたかったのでこだわりました。

土地を有効利用するコツとポイントをご案内します。

 

 

建ぺい率とは?

注目するのは「建ぺい率」です。

建ぺい率

土地に対して、建物を真上から見た時に、建物がどの程度敷地を占めているかの割合

注意してほしいのが、総面積(1階床面積+2階床面積)ではありません。

建ぺい率で注目するのは、

真上から見た建物が、敷地に影を落とす面積

屋根を上から見ているイメージです。

これを、延べ床面積とは別に、建築面積といいます。

 

平屋ですと、床面積がそのまま建築面積に。

2階建てなら、1階と2階、どちらか広い方が建築面積です。

たとえば、分譲住宅地などに多い、第一種低層住居専用地域では、

建ぺい率=40% と決まっているところが多いです。

これは200㎡の敷地を購入しても、建築面積は80㎡までしか建てられないことに。

 

これが、市街地になると建ぺい率=60%という用途地域の場所もあります。

そうなると、さきほどと同じ200㎡の土地を購入していると、建築面積は120㎡になります。

 

補足地下鉄近隣のみゆ家の土地は、建ぺい率60%でした。

義実家は住宅地にあり、建ぺい率40%です。

 

建ぺい率のでわかる地域の性格

建ぺい率が高い地域は、商業化・市街化を進めている場所です。

にぎわいや、利便性がありますが、建物が密集している印象も。

敷地に目いっぱい建物が建てられるのは、建ぺい率が高い方です。

建ぺい率が高い土地は、こういう方に向いています

  • 庭造りをあまりするつもりがない
  • 除雪や芝生などの手入れはなるべく最小限にしたい

 

 

建ぺい率が低い地域は、ゆったりとした街並みになっています。

住宅街が主ですね。

建ぺい率が低いということは、自分の敷地の中で空きスペースが多いという事です。

  • 庭造りを楽しみたい
  • 外部スペースを広く取りたい

という方にオススメです。

建ぺい率からわかる必要な土地の面積

予算などの事情から、気に入った土地に、建物はコストを抑えて…

と家を建てる方は考えますが、

家の規模というのはおのずと決まってきます。

 

一般的なLDKの規模、トイレ、お風呂、脱衣室に玄関、寝室にCL…

と必要な部屋をつなげていくと、想定できる広さがあります。

 

目安として、3LDKで30坪。4LDKで35坪です。

3LDK 30坪≒100㎡

4LDK 35坪≒116㎡

これを土地に割り返してみましょう。

(建物は、総二階建てで想定します。)

★建ぺい率40%の場合
部屋数 延べ床面積 必要な敷地
3LDK 30坪≒100㎡ 250㎡
4LDK 35坪≒116㎡ 290㎡
★建ぺい率60%の場合
部屋数 延べ床面積 必要な敷地
3LDK 30坪≒100㎡ 167㎡
4LDK 35坪≒116㎡ 194㎡

40%の時と比べると、敷地面積が小さくなっています。

 

これだけを見ると

建ぺい率が高い地域の方が、土地の面積が少なくて済むので、土地代も安く済む?

と思うかもしれませんが、建ぺい率の高い地域の方が、土地の坪単価が高い傾向にあります。

ですので、直接予算に跳ね返るかというと一概に言えないんですね。

 

わが家で1年、仕事でも数年土地を探していましたが、

  • 建ぺい率の低い地域では、土地の面積は大きく
  • 建ぺい率の高い地域では、土地の面積は小さく

というふうに、販売されています。

そして土地の価格は大体同じでした。

土地の坪単価が安くても面積が大きいので、面積の小さい単価の高い土地と総額がそろってくるんですよね。

たまに激安の土地がありますが、旗竿地だったりそもそも住宅が建てられない地域だったりで、要注意です。

必要な大きさだけで売ってもらえないか交渉できないか?

と思いますが、売り主も面倒なことはなかなかOKだしません。

 

気になる土地に

『ハウスメーカーや工務店にいちいち相談するのもな~』

という時には、上記の表を参考に、土地の規模をあたってみて下さい☆

▼計算方法

土地の面積 × 建ぺい率 = 建築面積
例:200㎡×40%=80㎡
上記の例だと、80㎡を超えないで、設計しましょう…という地域です。
どうぞお試し下さい!
▼こちらもどうぞ
土地の探し方 札幌市内で地下鉄沿線に一戸建て!前回の更新から間が空いてしまいました。 Twitterの方では呟いていたのですが、この間に住宅を新築をする事になり、バタバタしてい...

 

 

みゆの子育てライフへようこそ

みゆ
みゆ
育児・お家のリアルタイムな情報をシェアします!

産後うつをきっかけに、育児の記録を兼ねてブログを始めました。0歳期の完ミ育児を経て1歳からは知育も開始!

1級建築士。住宅は建築士目線のレポートを更新中です。

カテゴリーリスト

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA