マイホーム

小波葺きのメリット・デメリット。住宅の外壁を板金にしたい!

家を新築するにあたって、外壁は板金にしたいと思っていました。

ですが、予算と、旦那さんが好みでは無かったこともあり、板金ふうの金属サイディングにしました。

そこにたどり着く前に、もう一つ候補にしていた外壁材がありましたので、ご紹介します。

小波と呼ばれる波板のトタン貼りでした。

板金といえば、30センチおきに縦のラインが入るガルバリウム鋼板の立平葺き

が主流だったのですが、違う外観もないかなぁと感じていました。

小波は、最近若手建築家が採用しているのもあり、なんとなく注目していました。

外壁としての小波

立平葺きは下の写真のように

平板のつなぎ合わせが、凸になります。縦の模様に見えるラインが、そうです!

小波は

波打つ形状のトタンを重ね合わせて、ビスで止める方法になります。

ビスの頭がポチポチと見えますか?

また小波の波打つ間隔は、3.2センチです。

遠くから見ると、波々は目立たなくペロンとした真っ平な外観に見えます。

 

小波葺きでよく見るのは、倉庫です。

あと、大型スーパーやパチンコ店、床屋など、商業系の建物で多く採用されています。

わたしが子供のころの車庫も小波でした。

 

旦那さんは「立平葺きは屋根みたい(間違っていません)だけど、小波はまだ屋根感は少ないかな」と言っていました。

 

小波のメリット

立平葺きよりも工法が簡単なので、工期の短縮になり施工費が若干安くなります。

施工費比較

立平葺き > 小波葺き > 板金ふう金属サイディング

立平葺きはつなぎ合わせ部分以外は平坦ですが、小波は全体が等間隔に波打っています。

そのため、立平葺きのような平坦なところが波打つというような、現場によって施工精度が大きく変わることはありません。

波うちについては、別記事にも書いていますのであわせてどうぞ

板金風のサイディング?わが家でアイジーの金属サイディングを採用した理由おうちの外壁、何にしますか? とても多いのが、サイディングです。 わたしは金属板を現場で葺く、板金の外壁にしたかったのですが...

板金にしたいけど、立平葺きの波打ちが気になる場合は、小波は検討に入れて良い素材です。

小波のデメリット

近づくと「物置っぽい、倉庫みたい」と感じる人もいます。

小波に限らず、立平葺きの家でも旦那さんは「物置っぽい」と感じましたので、板金葺きはこのへんが好みが非常に分かれる所です。

さらに小波はビスの頭が見えます。

(画像は横葺きですが、縦葺きも可能です)

ちなみに立平葺きですと、板金同士をつなぎ合わせる結合部で固定するので、ビス止めが見えることはありません。

ビスはステンレスで、サビの心配はないようですが、ビスの数はかなり多いので近づくと目立ちます。

遠くから見ると、見えないのですが。

まとめ

個人的には住宅の小波の使い方としては

立平葺きのアクセントとしてポイントに使うくらいがいいのでは、と思いました。

また、商業系にはそのビスの存在感も「面白味」としてうつるので、ショップなどにはおすすめだと思います。

もちろん「ビスの頭が見える、そこがイイ!」と感じるなら住宅の採用もアリです。

施工会社に、メンテナンスをよく確認するのも忘れずに!

わが家で採用した板金ふう金属サイディングについては

「板金風のサイディング?わが家でアイジーの金属サイディングを採用した理由」で書いています。あわせてどうぞ

板金風のサイディング?わが家でアイジーの金属サイディングを採用した理由おうちの外壁、何にしますか? とても多いのが、サイディングです。 わたしは金属板を現場で葺く、板金の外壁にしたかったのですが...

 

真鍮表札をオーダーするならおすすめしたい!おしゃれな家の顔が叶うのは表札は家の顔ですし、どんな物を選んだら良いか迷いますよね。 手仕事のあたたかさを感じながらも、上品な表札をデザイン・製作して下さる...

みゆの子育てライフへようこそ

みゆ
みゆ
育児と住宅の実体験レポートをシェアします!

産後うつをきっかけに、育児の記録を兼ねてブログを始めました。0歳期の完ミ育児を経て、1歳からは知育・おうち英語も開始!

一級建築士ママ。マイホームは建築士目線のレポートを更新中です。

カテゴリーリスト

HOME

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA