病気・衛生

子宮脱⁉自分で治した方法と症状レポート

みゆ

こんにちは!38歳初産で現在3歳児を子育て中、41歳のみゆです。

2021年の1月中旬から、体に次のような違和感がありました。

違和感

  • 歩くと股の間に物が挟まったような感覚
  • トイレが近いような気がする
  • お風呂上りに膣からお湯が漏れる

ググると、子宮脱・骨盤臓器脱・子宮下垂という病名が当てはまるようです。

わたしは全く知らなかったんですが、産後の女性が中高年期に人に言えずに悩んでいる場合も多い…とのことで、ビックリしました。

病名+地域名でさらに調べ、専門医に連絡をし受診の予約をしたんですが、人気の先生で1か月待ちでした。

記事では症状・病院の先生のアドバイスに加えて、自己治癒した骨盤底筋体操について、まとめましたのでご参考になれば嬉しいです!

子宮脱を疑った症状と病院

子宮脱疑いの症状

子宮脱かも?と思って調べた中で、当てはまっていたのは次の症状です。

1.歩くと股の間に何か下がってきた感じがする

違和感が強くて、10分くらいならガマンできるんですが、『こんな状態じゃ旅行もムリ💦』と感じるくらいでした。

子宮脱かも?というチェックリストでは、夕方になるとこの違和感が出てくるようですが、わたしは起床してからすぐありました。

2.湯船に浸かったあと、膣からのお湯漏れがある。

産後女性のあるあるになってますが、恥ずかしいのであまり言わないようです。

この症状が問題だというわけではないんですが、上の股の違和感とセットになると子宮脱の疑いになってきます。

病院では看護師さんにお湯漏れの件も相談したんですが、回答からは「出産しているから仕方ない」というニュアンスを感じました。

看護師さんの話

  • お風呂のお湯が膣に全く入らないというのは間違い
  • 出産していない女性なら入りにくいということもある
  • 加齢などの要因でゆるくなっていくのは事実

私の場合気になったのは上の2点で、お風呂場で股からピンポン玉のようなものが出てくることはありませんでした。

みゆ

子宮脱のなかでも初期症状なのかもしれない…

という思いは抱きつつ、日常生活には支障をきたしているので、病院を探してみることに。

子宮脱の病院と治療

子宮脱について調べて気になったのは、完治するという病気ではなさそう、という点です。

私は素人ですし、2021年の4月現在にネットで調べた情報だけなので、治療方法や手術の解釈などの詳細を書くのは控えます(体や病気のことなので…)。

手術もありますが再発の可能性もあるし、内部に挿入する治療は毎日続けるのは大変そう…と思いました。

フェミクッションというナプキンの布枕版のようなものがあるようですが、対処療法で治療ではなさそう。

産婦人科のホームページを見ていても、積極的に診療・治療をやります!と書いていないところでは、行っても別な病院を紹介されたりするだけかも…と感じました。

婦人科の中でもまだ研究中のことが多く、完治というよりはモアベターを探る治療になるという印象です。

病院の先生の所見

産科の中から子宮脱専門医を探した

行きやすい場所にある婦人科では納得いかなそうでしたので、調べるなかで新聞のインタビューに答えていたり、病院のWEBサイトも子宮脱について情報が手厚く書かれていた病院に予約をしました。

インタビューを受けていたのはその病院の院長先生で、予約できたのは1か月後でした。

初診で院長先生に紹介状もなしで予約ってできるんだろうか…💦と思いましたが、受付の電話の方がスケジュールを見てくれて、すぐに予約が完了しました。

わたしが予約したのは北海道札幌市のカレスサッポロ時計台記念病院です。

医院長先生のアドバイス

1か月待つうちに、予約した日が近づくにつれて症状は改善していました。

今後のためにも、専門家に見てもらおう…と、とりあえず受診しました。

結果は、「自己治癒していますね!」と。子宮は下がっていませんでした。

わたしが股に違和感を感じだしたきっかけは、冬の除雪を張り切った日が続いてからです。

子宮脱の症状を改善するために、重いものを持たないという項目がありましたが、北海道に住んでるので除雪をしないわけにもいかず。

先生いわく、「(ママさん)ダンプは女性に特によくないですね」と…。

時間はかかっても、スコップタイプで腕で除雪するほうが良いそうです。

他にも先生とお話したこと。

みゆ

骨盤底筋体操をYoutubeを見ながらやってました

先生

えらい!!!!!!!!!!

ものすごい勢いで絶賛されました。

先生

骨盤底筋体操はずっと続けてね!

自分としては、筋トレを続けていて体力に少し自信がついていたんですが、経産婦40代女性のトレーニング優先順位が高いのは断然骨盤底筋でした。

個人的には、子宮脱にならないようにするには、骨盤底筋体操しかないのでは…と思いました。

子宮脱は進行が進んでしまうと、選択肢が限られた治療方法になりますし、生活のしやすさもかなり落ちてしまうので体操は一生続けていきます。

子宮脱に骨盤底筋体操【オススメ動画】

骨盤底筋体操はキツイ運動ではなく、やってる内容はヨガです。

骨盤底筋体操とセットで出てくるキーワードに「尿漏れ」があり、これで意外と骨盤底筋体操を敬遠する女性もいるんじゃないかと懸念しています。

尿漏れの他にも、膣トレというキーワードもありますね。

なんとなく、恥ずかしいとか老化をイメージして敬遠するんじゃないでしょうか、……正直わたしはしていました!ごめんなさい!!

産後の女性なら、筋トレと合わせてやっておくと良いです…むしろこっちが大事です…。

筋トレで行うヒップアップのトレーニング中にも、股を閉める呼吸を意識する+αをするだけで、将来のリスク軽減できますよ。

わたしがオススメの骨盤底筋体操は、momiyogaのmomiさんの動画です。

明るいオーラの女性で、見るたびに励まされる思いでした💛

この記事を読んでくださったあなたも、3週間頑張れば本当に変わってきますので、やってみてくださいね!

子宮脱は再発しないのか?

子宮脱は加齢もリスクのひとつなので、再発の可能性はあります。

3月に病院へ行った後も、子宮が下がってきた感覚が続く日はありました。

疲れているときや、重いものを持った日や次の日に、下がってる感じがあります。

骨盤底筋体操は予防の一つとして必ずやるべきですが、他にも気を付けることで、子宮脱になりにくくする方法があります。

  • プランク1分をやり体幹を鍛える
  • 思い立ったらお尻の穴をキュッと閉める
  • イスに座ってるときはひざをくっつける

骨盤底筋が衰えるのは、体幹が弱ってる場合も原因のひとつなので、プランクをしましょう。

肛門を閉めるのは、骨盤底筋全体によく効くので、日々トレに。

内ももの力を弱らせないためにも、足は閉じて座ります。テニスボールをひざに挟んでトレーニングするのも良いです。

大事なのは、これらを積極的にやっていく心です。

消極的な気持ちでは続きませんし、子宮脱になっても生活の質が落ちるくらいで、動けないわけではないので、やらないのならそれも人生です。

ただ、元気に過ごしたいなら、かんたんなトレーニングは続けなきゃいけません。

トレーニングを続けると、お腹や足が締まってきたり体力がUPするので、どんどん続けたくなる好循環にも入りますよ。

そして楽しく生きましょう☆

ではではこのへんで!

さようなら~

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA