住宅

家を建てる前にやっておきたい、たった2つの事

家を建てるにあたり、私がやってみて良かった事をお知らせします。

そしてやらなくて良いことも。

やるべきこと

1.マインドマップを書く

マインドマップで連想ゲームのように自分の理想の家を書きます。

実際にみゆが書いた物です

これは作った後に「家族に見せる」までが1セットです。

おそらくマインドマップまで作っている家族は、あなたしかいません。

これは家族の家が見える形になった、はじめての物なので、インパクトと共に共通の目標になりやすいです。

また「どういう家がいいのか」という強力なメッセージになるのはもちろん、「初心」として形に残るところが素晴らしい。

家づくりが中盤に差し掛かるころ、

  • 予算合わせで、色々削らなきゃいけない場面
  • あっちも良く見えて、次の日はこっちが良いと思う…

と、迷いが出る時期が必ず来ます。

そういう時に、マインドマップを見ると霧が晴れたように指標が示されます。

実際私も迷走した時、見返して「これでいいんだ」と後押ししてもらいました。

マルマンのスケッチブックに書きました

2.箇条書き

理想を書くのはマインドマップと同じですが、リスト化するのはマインドマップを具体的にどのように実現するか書くといいと思います。

例えば、

「シンプルな家(にしたい)」

というマインドマップの1項目があったら、

箇条書きに

「白・シルバー・木のみで色を抑える」

と書いておく。

簡単な図解も添えてます

私は何度か手書きした後に、携帯のメモ機能を使って書きだしました。

マインドマップは忘れたころに見返すポジションですが、箇条書きはもう少し見返す頻度を上げたかったので、実践的な事を書いておきました。

やりたいことまとめ

1のマインドマップも、2の箇条書きも、基本的には「コンセプトを決める」ことを行っています。

家づくりで一番先に決めなくてはいけない事です。

建て主が「こだわりたい所」をハッキリさせると、周囲の業者も協力しやすくなります。

理想を膨らます作業は楽しいですよ。

 

やらなくて良いこと

1.モデルハウス行脚

土地の形状・建設費共に不明な点が多いモデルハウス(が集まっている企画場所)に行くことはオススメしません。

「うちの標準仕様はこれです」とハッキリしているモデルハウスなら、良いと思いますが…。

やたらゴージャスでオプションばかりの展示を見ても、仕方ないかなと。

建売を見るのは良いと思います。

「いくらの建物」が「このくらいの仕様なんだ」がハッキリしている点が参考になります。

各メーカー・工務店の特色は、WEBや施工事例で見ることがオススメです。

 

2.図面が決まってからの浮気

各社の比較は、プランが決まるまでにしましょう。

予算の縮小も1社と専属して行って、どうしても駄目だった時、きちんとお別れしてから次の会社に声掛けしましょう。

実際には、図面に着手するには「工事請負契約」もセットでというケースがほとんどなので、浮気もできないというのが現実です。

 

やらなくて良いことまとめ

色々見るのも楽しいですが、WEBで大きく特色を掴み、プランと見積もりにGOを出したら1社とお付き合いです。

そもそも会社はどうやって決めるんだ?!

と思うかもしれませんが、雑誌もWEBも、元より見知ってる会社でも、一通り声をかけてみれば良いと思います。

皆さん個性的なので、合う合わないも多分にあるかと思います。

決めるのは「会ってみて」で良いかと…。

最後までお読みいただきありがとうございます。

 

あわせてどうぞ

【北海道】うちの吹き抜けの寒さ対策【札幌市】吹抜けはおしゃれで解放感もあり、憧れますよね~( ´∀` ) 御多分に漏れず、私も家を新築するにあたり「吹抜け欲しい!」と思いまし...

みゆの子育てライフへようこそ

みゆ
みゆ
育児・お家のリアルタイムな情報をシェアします!

産後うつをきっかけに、育児の記録を兼ねてブログを始めました。0歳期の完ミ育児を経て1歳からは知育も開始!

1級建築士。住宅は建築士目線のレポートを更新中です。

カテゴリーリスト

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA