ライフスタイル

食器棚にニトリのすべり止めシート!玄関でも大活躍します

家を新築し引っ越しまして、システムキッチンの引き出しにシートを敷きました。

元々ステンレスの底板なんで、しばらく何も敷いてなかったんですが

ステンレスに水ジミが点々とつく…。

しかも拭いても落ちにくい!

と不満があったので、ニトリのすべり止めシートを敷いてみました。

こちら透明でなおかつエンボス加工がしてあるのですべりにくい。

クッション性もあるので、音も吸収してくれてかなり使える商品でした。

こちらの記事では、家のあちこちの棚で活躍する、ニトリのすべり止めシートをレポしますね。

ダイソーのすべり止めシートと比較してみた

ダイソーのすべり止めシートを2年使っていました。

詳しくは

【100均】食器棚シートはダイソーのすべり止めシートが最適でした

【100均】食器棚シートはダイソーのすべり止めシートが最適でした 1年経過し、ニトリでも食器棚シートを購入しました! 合わせてどうぞ👇 https://miyu-life.com/n...

上記記事でレビューしています。

 

このシートの良い点は

  • 45×80センチで、100円というコスパ
  • ダイソーで手に入りやすい

ですが、見た目がアイボリーとはいえ、ちょっと垢ぬけない感じが否めません。

エンボス部分は穴が開いているので、細かいゴミは詰まったりしてしまいます。

わたしはよく黒ゴマが…(笑)

 

ニトリのシートは

  • 35×180cmで370円 46×180cmで462円 2タイプ
  • 透明で手洗いOK

色が無いので、存在感があまり出ません。

引き出しの中はごちゃごちゃしがちな場所なので、これはうれしいポイント。

さらに水拭きOKなので、衛生面でもうれしいです!

キッチンにピッタリですね。

 

ただし人気なようで、実店舗では在庫切れの時がしょっちゅうあります。

ネットで店舗在庫を確認できますので、買いに行く前にはチェックしたほうが安心です。

ダイソーのすべり止めシートに比べてお高めですが、私的にはメリットが上回ると感じています。(おねだん以上、ニトリ!とはよくできたCMだなぁ…)

 

サイズ別おすすめ

・35×180cm(370円:税別)

・46×180cm(462円:税別)

2タイプの展開になっています。

46×180cm

奥行のあるキッチンの食器棚や、システムキッチンの引き出しに良いサイズ。

ほんのり底のステンレスが透けて、良い感じです。

水滴がポタポタ落ちてしまって、ステンレスに水ジミになるのも、シートのおかげで無くなりました~。

 

キッチンの引き出しって「中の物がすべる」ことが、ちいさな日々のストレスになります。

シートを敷くと解消されますので、本当におすすめ。

 

上段:ダイソーすべり止めシート 下段:ニトリすべり止めシート

こうしてあらためて見ると、見た目のスッキリさはニトリに軍配があがりますね。

 

35×180cm

こちらは、玄関の靴箱の棚板にオススメ!

うちは棚板が32cmでしたので、3cmほど切ってから敷きました。

厚みのあるシートですので、はじっこもピラピラしません💛

 

棚板の色が白なのですが、それも邪魔せずスッキリ。

ニトリのすべり止めシートを敷く前は、ダイソーのグレーの食器棚シートを敷いていたのですが…うるさい印象になりました。

 

またこのシートは水拭きができるシートなので、ぞうきんで拭けます。

基本的に脱いだ靴は乾いてから棚に置きますが、もし濡れていてもこのシートが敷いてあるので棚板も痛みません。

砂利が乗ってしまっても、シートに重みがあるので、ほうきでさっさと掃けます。

 

食器棚ですと、上段の棚板は下段より浅い場合が多いので、こちらのサイズが使い勝手良かったです。

 

みゆの子育てライフへようこそ

みゆ
みゆ
育児・お家のリアルタイムな情報をシェアします!

産後うつをきっかけに、育児の記録を兼ねてブログを始めました。0歳期の完ミ育児を経て1歳からは知育も開始!

1級建築士。住宅は建築士目線のレポートを更新中です。

カテゴリーリスト

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA