産後うつ

産後うつだった私の症状と対処方法まとめ

わたしが産後うつになった時の、症状と対処方法をまとめてみました。

こんなことも産後うつが原因なの?と思う位、様々な不調に襲われました。

みゆ
みゆ
産後のブルーはこころだけではなく、体の不調もセットなのがキツイです💦

出産は交通事故レベルのダメージを体に負うと表現されるくらい、体に負担がかかっています。

そこに加えて心の不安定さが別の不調も連れてきて、精神面+肉体面のダブルパンチなのが辛いですよね。

わたしの症状と、その時にとった対応をご紹介します!

産後うつの心 不調と対応

ひどく落ち込んでいる。強い不安を感じている

心が落とし穴に落ちたようで、全く登ってこれませんでした。

対処
  • 親に話しました。
  • 友人にLINEで訴えました。

「いま、わたしはこう感じる」と洗いざらい話せる人がいたおかげで、だいぶん楽になりました。

みゆ
みゆ
先輩ママの友人たちは、状態をわかってくれて、色んな話やアドバイスをくれました。

抱っこが肉体的に辛くてどうしようもない時。「抱っこも出来ないなんて…」と落ち込んでいた時でした。

友人にLINEで泣きごとを送信したら、

「あかちゃんが泣いても、必ず抱っこしなきゃいけないわけじゃないんだよ」

と返信が来ました。わたしは、

「そうなんだ…!抱っこ出来なくても、ダメじゃないんだ…」

と、かなり救われました。

「出来る時はしよう」と割り切ることが出来ました。(本当は必ず抱っこ出来れば良いのは、もちろんわかっています。)この後、バウンサーや抱っこ紐、バランスボールと肉体的な負担を助けてもらう育児アイテムを揃えました。

眠れないことを相談した時は、

「自分のペースで寝ようとしてるわけじゃないから、眠れなくても仕方ないよ。

わたしの時も、あかちゃんの横で目をつむってるだけだった!」

と言ってもらって、救われた気持ちになりました。

簡単な計算ができない

睡眠不足もあると思うのですが、暗算が全くできなくなり、電卓を手元に用意しました。

みゆ
みゆ
何時間後にミルク、とか、今日は何cc飲んだとか、頻繁に計算していました。

産院や育児マニュアルでは、ミルクは2時間空けてからと指導がありますが、

そんなに細かく細かくやらないで、「お腹すいたと泣いてからあげる」くらいの気持ちでもよかった。

と、今なら思います。

みゆ
みゆ
少し余裕が出てきてから、ミルクの量と時間を記録してたノートは捨てました。

それよりも、ゆったりとした気持ちを作るほうがいい。

神経症

あかちゃんに笑顔が出てきた3か月頃から、少し楽しく感じるようになりましたが

それまでは

  • ぼんやりする。
  • 少し引っかかる事や、悪い想像をスルーできない。
  • イライラすると止まらない

というような状態でした。

対処

病院で相談しました。

受診したのは、婦人科です。産後1か月目の妊婦検診の時に相談しました。

処方された漢方薬で改善しました。

後でわかったのですが、「産後うつやブルーの相談は、心療内科に行ってください」という産婦人科も多かったのです。

わたしは出産した病院が、たまたま漢方薬にも強い病院でした。

 

産後・育児中に薬は抵抗がある…という方には、サプリもありました。

情緒不安定や寝不足なのに眠れない、体がだるい。というような、心と体の不調の漢方サプリです。授乳中もOKです。

 

 

近くに漢方に強い婦人科が無い…、という場合に心療内科へ行くのは抵抗がある方もいると思います。

そういう時には、サプリメントから試してみるのも。

わたしは葉酸・鉄のように、出産前から準備しておきたかったな、と思いました。

他に産後うつ中に起こった心の変化

身だしなみに気をまわしたいが全く余裕がない

髪の毛をショートにしてサッパリしました。

美容師さん(1歳子育て中のママでした)と話すと気分転換になりました。

あかちゃんの存在を怖く感じる

寝ている赤子を、そら恐ろしく感じてしまう瞬間がありました。

特に暗くなってからが。夜の始まりのゆううつさと相まって、なんでこんな気持ちになるんだろうと悲しくなってました。

友人たちにアドバイスをもらったり、

みゆ
みゆ
泣いてもいいや。

と開き直ってから、大丈夫になりました。

産後うつの心の不調はあなたのせいじゃない

産後うつの精神的な不安定さを書いてきましたが、これは出産に伴うホルモンバランスの乱れのせいです。

産後うつは、35歳以上の初産がなりやすい、とも言われています。

せっかくの赤ちゃんとの生活がスタートしたのに、産後うつになっちゃうなんて…。

と負のループに入ってしまわずに、「ホルモンのせい」と責任転嫁するのがベスト!

そのうえで、漢方薬に詳しい婦人科(クリニック)を探して相談しましょう。

もちろん人それぞれの症状があるので、診断後は医師の指示に従って下さい。

病院の薬が無くなったあとは、ドラッグストアの漢方薬でも大丈夫でした。通販で買えるサプリもあります。

 

産後うつの体 不調と対応

体調は「産後なんだから、体調不良は当たり前なんだろうな」と思ってたんですが。

今思えばですが、産後うつから来る疲労感にかなり悩まされていました。

起き上がれないほどの疲労

婦人科にかかり「とにかく疲れやすい」ことを訴えました。

処方された体力低下に効く漢方薬を2か月間飲み、徐々に改善。

100日を過ぎてから、赤子が夜長く寝るようになった為、だいぶん楽になりました。

疲れているのに寝付けない

里帰り出産をして実家でお世話になっていた頃は不眠でした。

自宅へ戻ると寝られるようになりました。

里帰りは食事の支度や、話し相手がすぐそばにいる安心感など、とても助けられましたが

マイペースで過ごせる自宅の方が楽だな、と感じる面もありました。

抱っこは出来る時にしました。そうしてると、本当に楽になりました。

書いてみると実にあっさりしてますが、自分本位は産後うつに効きます。

小さな命を前にして、緊張感や責任感でガッチガチになってました。

首の痛み、肩こり、腰痛、手首痛

慣れない抱っこ、授乳でボロボロに。

産婦人科で訴え、ロキソニンのシップを処方してもらい毎日貼っていました。

これは妊娠中、体を動かさなかったことが大きいです。

妊娠初期、流産の危険性があり「安静に」と言われてました。

みゆ
みゆ
ずーっと横になったり眠くなったらいつでも寝てました。

それはそれで、赤子の為にも大事だったんですが。安定期には安静も解かれていたので、体力作りもマジメに頑張っておくんだった…!💦と思います。

下痢

出なくなっても困るところです!整腸剤を飲みました。

出産後の産院で退院までの間、わたしはコレで団体部屋から個室へと移動を余儀なくされました。

胃腸炎の疑いだったんですが、「疲労・不眠」の結果こうなったと思います。

みゆ
みゆ
退院してからも、たびたびなってました。

食べたものがちゃんと吸収されないので、回復も遅くなるんですよね。

貧血の症状がある。フラフラして力が入らない

妊娠中飲んでた葉酸のサプリ。

飲んだらイライラする気持ちもすっと引いてびっくりしました。

鉄も入っていました。

みゆ
みゆ
出産後、鉄分が不足しています。

サプリは3ヶ月間、お守りのように切らさず飲みました。

微熱・倦怠感

冷えピタを貼って、滋養強壮剤を飲む。

あかちゃんが寝たら自分も横になりました。

眠れなくても、体を横にして休めることは大事です。

産後しばらくこの症状に悩んだので、滋養強壮剤から漢方薬に切り替え、だいぶん改善しました。

 

その他に、産後うつとは直接関係は無いですが、産後特有の不調もありました。

■痔

入院中、産院で薬をもらいました。

会陰切開の傷といい、下半身ズタボロですね。

■恥骨の痛み

数分しか歩けないので、サラシを巻くと楽になりました。

ガードルも良かったです。

出産しないとわからなかった痛みでした。巻き方はこちら👇

骨盤ベルトのおすすめは300円のサラシ!助産師さん直伝巻き方図解産後の骨盤矯正は、高価なベルトじゃなくても、サラシで代用できます。 わたしは産後の骨盤矯正は、見た目がすぐ変わりました。即効性が凄...

産後うつを経て、出会えてよかったこと

病院で「安静」を言い渡され、ひたすら寝て、体力の低下が著しかった妊婦時代。

前駆陣痛の為2日間眠れず徹夜、その後の初めての出産。

わたしの産後は、虚弱状態になっていました。

みゆ
みゆ
一気に50歳位、年を取ったようでした。

リアルに老後ってこんな体調になるんだと実感してました。

そんな状態で初めての子育てスタート、みんな体にダメージを負ってやるんだな…と思ってはいたものの、実際ほんとにきつかったです!

でも、病院や家族、友人や先輩ママに助けられたこと。

漢方薬に出会えたことも、本当にラッキーだったなと思います。

産後の不調は、出産とは違ってスポットが当たりにくいですが、大変なことだと思います。

我慢しすぎず、頼れるもの・人に、どんどん頼っていきましょう…。

 

さいごにご紹介したアイテムをまとめておきますね!

 

 

 

 

産後うつの体験談はこちら👇

産後うつ体験談 ① 原因と状態わたしは初めての出産から1か月が経ったころ、産後うつになりました。 3回に分けて産後うつ体験談を書いていますが、主に 産...

みゆの子育てライフへようこそ

みゆ
みゆ
育児と住宅の実体験レポートをシェアします!

産後うつをきっかけに、育児の記録を兼ねてブログを始めました。0歳期の完ミ育児を経て、1歳からは知育・おうち英語も開始!

一級建築士ママ。マイホームは建築士目線のレポートを更新中です。

カテゴリーリスト

HOME

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA