産後うつ

産後うつ体験談 ① 原因と状態

わたしは初めての出産から1か月が経ったころ、産後うつになりました。

3回に分けて産後うつ体験談を書いていますが、主に

  • 産後うつになった原因
  • わたしが産後うつになった時の症状
  • 病院での先生の所見
  • どう克服したのか

上記について書いています!

この記事では、「自分は産後うつなのかも?」「他の人はどういう症状になったの?」と気になる方へ向けて、わたしの体験談を書きました。

病院へ行ったらどのような診断だったのか、薬は飲んだのか、どんな言葉が励みになったのか、などを詳しくご紹介します。

産後うつになって私が感じたこと

産後うつは出産のダメージに心の不調が重なってとても辛いです。大体産後一か月頃に発症すると言われています。わたしも同じでした。

産後うつになる理由は、ホルモンバランスの乱れからなります。誰でもなる可能性があり、10人に1人の割合でなると母子手帳に書いてありました。

待ちに待った赤ちゃんとの生活のスタートを切ったばかりの時に、産後うつになるとつい自分を責めてしまうことが多かったです。

ですが体力が人より無いだとか、高齢出産だったからというのは、関係ないそうです。

わたしの体験談として言えるのは、乱れたホルモンバランスと体力の回復には、漢方薬が効きました。漢方が得意な婦人科を探して受診しました。

産後の体が元通りになるには1年かかると言います。産後1か月で床上げしたからといって、無理は禁物です。ドラッグストアの漢方薬やサプリメントで体を助けつつ、育児を一人で抱え込まないで、ある意味「適当でいいや」という心意気を取り入れてみて下さい。

情緒不安定や寝不足なのに眠れない、体がだるい。というような、心と体の不調の漢方サプリです。授乳中もOKです。

 

 

前置きが長くなりましたが、この記事に辿り着いた方が、赤ちゃんとの生活を楽しめるように心から願います。

産後うつの病院探し。漢方薬に強い婦人科|産後うつ体験談②

産後うつを乗り越える|産後うつ体験談 ③

産後うつの要因

実家から自宅に戻ってから、保健師さんの訪問の際に言われたことです。

体力とか、年齢とか、スポーツをしていたかとかは、産後うつになることには関係ありません

とお話してくれたことが、今でも印象に残っています。

みゆ
みゆ
(体力も年齢も関係ないんだ…。35歳以上の出産って産後うつになる率が高いのかと思ってた)

わたしの産後うつは、様々な要因でなりました。

  1. 精神的ショック(母の大病)
  2. 睡眠不足
  3. 初めての出産・育児
  4. 貧血
  5. 恥骨の痛み
  6. 休息の下手さ

これらの症状をひとことでまとめると、ホルモンバランスの乱れのせいです。

出産は誰でも、体にダメージを負います。心も大きな衝撃を受けます。

みゆ
みゆ
でもこれらを避けて通ることはできませんでした。

睡眠不足だって、寝ようとしても眠れないから辛い。

誰でも産後うつになる可能性はありますよね。そして産後うつは「自分のせい」でなるものじゃないです。

知識はわが身を助ける

知らない・わからないまま出産して、反省しています。

わたしは妊娠中、産後の事はあまり調べていませんでした。

たまひよを1冊買って読んでみたり、育児ブログを少し読んでみたくらい。

妹が二年前に出産・里帰りした事もあって、実家の両親を完全にアテにしていました…。

妊娠中初期に、ネットで自分で調べた準備リストを母に見せたら

「そんなに準備する必要ないない!産後に買えばいい」

と一蹴された事も大きかったです。

みゆ
みゆ
なんだー産後にゆっくり揃えていけばいいのか~。
里帰りさせてもらえて助かるなぁ。

妹が先に出産してると、両親も慣れてるからありがたいや、とすっかり準備することを止めてしまいました。

ですが、産後に母も病気になり情緒不安定になりました。

両親は二年前の事は、細かいことまでは覚えておらず、都度調べたり妹にLINEで聞きました。

産後、スマホの操作や見る力が落ちているので、結構な負担。

やっぱり、自分で知っておくことは必要でした(…反省)。

反省:妊娠中に知っておくこと

お買い物はしなくても、

  • あかちゃんの服
  • サイズや名前
  • オムツやミルクの値段
  • 必要なグッズと使い方

については、妊娠中にひと通り知っておくべきでした。

何も知らないで、その場で対処出来るのは、気力体力がある人だけ。

産後は初めてのことの連続で、ストレスを受けます。

育児や出産ブログを読んでみたり、近しい人の産後の話を聞いてみたりすることは、とても助かりました!

わたしは、あかちゃんの服装の名前がわからなくて、産後の処理能力の落ちた脳では理解できず、

わざわざ疲れた体で、ネットのブログに載ってたイラストをメモに写して覚えようとしました…。

ロンパース、カバーオール、ドレスオール…。

あかちゃんの服ひとつとっても、これまでの人生では一切出なかった単語が、産後は日常生活に容赦なく入り込んできます。

みゆ
みゆ
全て網羅しなくてもいいんですが、「何となく聞いたことがある」レベルにはしておいたほうがいいです!

たまごクラブのようなプレママ雑誌は数回購読したり、まとめ本をざっとでも目を通しておくと、全体をつかめるかなと思います。

 

出産後~1か月の不調

出産直後の不調は下記のような状態がありました。

  • 不眠
  • イライラ
  • 貧血
  • 恥骨の痛み

産後1か月間は産褥期間ということで、里帰りをして実家で

「水仕事など家事はしなくていいよ」と、両親に気づかってもらっていました。

実際のところ、立ち上がって歩くだけで精一杯でした。

自分で痛みがなく歩けるのは15分間くらい。

結局のところ産後1か月間、あかちゃんが泣くと、昼間はほぼ両親が抱っこしてくれていました。

とにかく、体を起こしているのがつらかったです。

『あかちゃんを60代の両親にずっとみてもらうのも申し訳ない』

という気持ちはあるのですが…。

赤子が泣くと

みゆ
みゆ
だっこしなきゃいけない…。寝付くまで抱き上げてるの、重い。体しんどい…

本当に、これしか考えられませんでした。

他にも

  • 眠れない(それが強いプレッシャー)
  • すぐにバテる。激しく疲れる
  • 里帰り先から、家に戻ってやっていけるのか不安。

ガルガル期なんて名前も聞きましたが、イライラすると止められなく、母親と喧嘩もしました。

体力の無さや、37歳で初産という年齢のことを考えました。

やりたい気持ちに全然ついてこれない、動けない体に悲しくなりました。

今思えば、感情の起伏が激しくて、ホルモンバランスの乱れに振り回されていました。

産後1か月を過ぎて産後うつの症状が目立つように

産後1か月を過ぎたら床上げと言って、布団も敷きっぱなしにせず片づけて、起き上がって家事も出来るようになる。

…という様なのですが、わたしの状態は変わらず。

みゆ
みゆ
すぐ疲れてしまい、できれば1日中横になっていたかったです。

時々、開き直ってごろごろしてみたのですが、やっぱり両親の目が気になって、すぐ起き上がりました。

起き上がっては、『つらいなー…』とぼんやりしていました。

精神状態の悪さが目立つようになりました。

母親の病気

母の病気はガンで、発覚したのは出産直後。

わたしは1か月検診が終わったあと両親から告げられました。

(それまでは伏せておこう、と気づかってもらっていたのです。…が、何となく気づいていました)

転移は無く、手術をすれば大丈夫だという話でした。

10年前にも、父がガンになったこともあり、自分では受け止めているつもりでしたが、今思えばショックでした。

もちろん、一番辛かったのは母親です!

母の入院スケジュールも決まり、『早く動けるようにならなきゃ…』と焦る思いがありました。

後から思えば、焦りは精神状態をどんどん悪くしていたなと思います。

結局母の入院前に、赤子を連れて実家から戻りました。

自分の体調

1か月検診が過ぎても、体調は完全回復した訳ではなく。

みゆ
みゆ
10%だった状態から30%くらいまで回復した状態でした。

夏だというのによく微熱を出して、体は熱かったり、

かと思えば冷え冷えと寒気を感じたりしていました。

気持ち

京極夏彦さんの小説の登場人物で、鬱のキャラクターがいたのですが、

『今の自分と重なる描写があったな』と思い出していました。

常に落とし穴の中から、遠い明るい世界を眺めているような、まっくらな気持ちがありました。

時々、スーパーに母と二人で出た時だけ、ふっと元の自分が帰ってきたような感覚になることがありました。

そういう時、スーパーのカゴを持っていても、あまり重く感じず。

赤子から、少し離れただけでホッとしてる自分に気づきました。

産後うつ体験談 ① 原因と状態まとめ

これらの精神状態になったことは、産前に一度もありません。

精神状態も育児も、何もかも初めての経験で、うろたえたり振り回されたりしていました。

出産する前の自分へこの内容を伝えられたら。

『こんな事もあるんだ』と知っておくだけで全然違ったかな…。

と思いました。

 

次 >>産後うつの病院探し。漢方薬に強い婦人科

産後うつの病院探し。漢方薬に強い婦人科を受診しました|産後うつ体験談 ②  わたしは産後の不安定な精神状態と体のだるさを、出産した産院の婦人科に相談しました。 はじめは悩み相談レベルでお話したんです...

 

みゆの子育てライフへようこそ

みゆ
みゆ
育児と住宅の実体験レポートをシェアします!

産後うつをきっかけに、育児の記録を兼ねてブログを始めました。0歳期の完ミ育児を経て、1歳からは知育・おうち英語も開始!

一級建築士ママ。マイホームは建築士目線のレポートを更新中です。

カテゴリーリスト

HOME

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA