病気・衛生

産後うつ体験レポート|心の変化と高齢出産

みゆ
みゆ
こんにちは!みゆです。
37歳で初めての出産から1か月が経ったころ、産後うつになりました。

産後うつ体験談を、下記について書いています。

  • 産後うつになった原因
  • 産後うつの症状
  • 病院の先生の所見
  • どう克服したのか

この記事では、「自分は産後うつなのかも?」「他の人はどういう症状になったの?」などが気になる方へ向けて、わたしの産後うつになった原因と、症状を書きました。

病院へ行ったらどのような診断だったのか、薬は飲んだのか、どんな言葉が励みになったのか、などを書き留めていますので、参考になったら嬉しいです。

先に書きますが、産後うつからは抜け出しました。

0歳後半には、自宅の設計(産前は設計事務所勤務でした)をするまで、元気になりました。

産後うつの原因

実家から自宅に戻ってから、保健師さんの訪問の際に言われたことです。

体力とか、年齢とか、スポーツをしていたかとかは、産後うつになることには関係ありません

とお話してくれたことが、今でも印象に残っています。

みゆ
みゆ
(体力も年齢も関係ないんだ…。35歳以上の出産って産後うつになる率が高いのかと思ってた

わたしの産後うつは、様々な要因でなりました。

  1. 精神的ショック(母の大病)
  2. 睡眠不足
  3. 初めての出産・育児
  4. 貧血
  5. 恥骨の痛み
  6. 休息の下手さ

これらの症状をひとことでまとめると、ホルモンバランスの乱れ。

出産は誰でも、体にダメージを負います。心も大きな衝撃を受けます。

みゆ
みゆ
でもこれらを避けて通ることはできませんでした。

睡眠不足だって、寝ようとしても眠れないから辛い。

誰でも産後うつになる可能性はありますよね。

そして産後うつは「自分のせい」でなるものじゃないです。

産後うつの症状

出産後~1か月の不調

  • 不眠
  • イライラ
  • 貧血
  • 恥骨の痛み

出産直後の不調は上記のような状態がありました。

体が基本つらい

産後1か月間は産褥期間ということで、里帰りをして実家で

「水仕事など家事はしなくていいよ」と、両親に気づかってもらっていました。

実際のところ、立ち上がって歩くだけで精一杯でした。

自分で痛みがなく歩けるのは15分間くらい。

びっくりするくらい弱体化

結局のところ産後1か月間、あかちゃんが泣くと、昼間はほぼ両親が抱っこしてくれていました。

とにかく、体を起こしているのがつらかったです。

『あかちゃんを60代の両親にずっとみてもらうのも申し訳ない』

という気持ちはあるのですが…。

赤子が泣くと

みゆ
みゆ
だっこしなきゃいけない…。寝付くまで抱き上げてるの、重い。体しんどい…

本当に、これしか考えられませんでした。

メンタルも悪化

  • 眠れない
  • すぐにバテる
  • 激しく疲れる
  • やっていけるのか不安

ガルガル期なんて名前も聞きましたが、イライラすると止められなく、母親と喧嘩もしました。

やりたい気持ちに全然ついてこれない、動けない体に悲しくなりました。

今思えば、感情の起伏が激しくて、ホルモンバランスの乱れに振り回されていました。

産後1か月を過ぎて

産後1か月を過ぎたら床上げと言って、布団も敷きっぱなしにせず片づけて、起き上がって家事も出来るようになる。

…という様なのですが、わたしの状態は変わらず。

みゆ
みゆ
すぐ疲れてしまい、できれば1日中横になっていたかったです。

時々、開き直ってごろごろしてみたのですが、やっぱり両親の目が気になって、すぐ起き上がりました。

起き上がっては、『つらいなー…』とぼんやりしていました。

精神状態の悪さが目立つようになりました。

母親の病気

母の病気はガンで、発覚したのは出産直後。

わたしは1か月検診が終わったあと両親から告げられました。

(それまでは伏せておこう、と気づかってもらっていたのです。…が、何となく気づいていました)

転移は無く、手術をすれば大丈夫だという話でした。

10年前にも、父がガンになったこともあり、自分では受け止めているつもりでしたが、今思えばショックでした。

もちろん、一番辛かったのは母親です!

母の入院スケジュールも決まり、『早く動けるようにならなきゃ…』と焦る思いがありました。

後から思えば、焦りは精神状態をどんどん悪くしていたなと思います。

結局母の入院前に、赤子を連れて実家から戻りました。

自分の体調

1か月検診が過ぎても、体調は完全回復した訳ではなく。

みゆ
みゆ
10%だった状態から30%くらいまで回復した状態でした。

夏だというのによく微熱を出して、体は熱かったり、

かと思えば冷え冷えと寒気を感じたりしていました。

気持ち

常に落とし穴の中から、遠い明るい世界を眺めているような、まっくらな気持ちがありました。

スーパーに母と2人で出た時、ふっと元の自分が帰ってきたような感覚になることがありました。

そういう時、スーパーのカゴを持っていても、あまり重く感じず。

赤子から、少し離れただけでホッとしてる自分に気づきました。

婦人科を受診しました

1か月検診が終わり、実家から自宅へ戻る日が近づいた頃、赤子を産んだ産院の婦人科を受診しました。

婦人科の先生に話していいのか解らなかったけど、自分の精神状態を話しました。

不安に襲われること、不眠の事も。

みゆ
みゆ
話しながら勝手に涙が出て、止まらなくなってしまいました。

が、そんな混乱している自分の状態も見てもらおう、気持ちを言うことはしてみよう、と自分の現状を話しました。

先生
先生
産後そういう状態になるお母さんは多いですよ

『こんなひどい状態になってしまうのは、自分だけじゃないの…?』

と思うと、少し気持ちが軽くなりました。

処方された薬と診断

そして薬を出してもらいました。

漢方薬でした。

産後のブルーと、疲労回復のお薬ですよ。
他にも漢方の種類はあるから、合わなかったらまた来てね 

ここで、うつではなくブルーと言われたことで、また気持ちがスッと晴れました。

些細な事ですが、『わたしの精神状態って、ブルー程度?』と。

10代の頃、友人と「今日なんかブルーだわ」と言ってた、あの程度なのか。

とすこし軽く思えたのです。

みゆ
みゆ
名前の効果ってすごいなと思います。

今考えてみても、当時の自分が果たして産後うつではなかったのか?

…正直わかりません。

ただ、とても悪いと思っていた精神状態が、思ったより軽い名前をつけてもらって、ほっとしていました。

そして、漢方というのも安心しました。

母乳ではなくミルクだったので、薬は飲めるのですが…。

精神安定剤とか睡眠薬とか、強い薬には抵抗感がありました。

育児中のお母さんには、そもそも睡眠導入剤も処方しない、と言ってました

出された薬はちゃんと飲む

漢方薬は自宅(ワンオペ)に行ってから、辛くなったら飲もう。

と、もらってすぐには飲みませんでした。

『自分はまだ薬に頼らなくても大丈夫だ』と思いたかったのです。

『気合でなんとかなるんだ、私の状態はそんなに悪くないんだ』と。

漢方とは言え、やっぱり精神の薬を飲むことに抵抗がありました。でも、間違っていました。

みゆ
みゆ
現状を診てもらったお医者さんに処方してもらった薬なんだから、素直にすぐ飲むべきでした。

その2~3日後に状態が悪くなりました。いよいよ辛くなり、漢方薬を服用したらスッと効きました。

急激に効くものではない、ゆっくり体質改善していく薬、と聞きましたが、

  • 落とし穴にいるような暗い気分
  • ずっしりと動けなくなる疲労感

これらが急激に少なくなり、自分自身が帰ってきたと思いました。

不調と動ける日を繰り返しながら、動ける状態が増えてきています。

漢方薬を出してくれる婦人科は限られている

札幌に戻ってきてから、薬が切れそうになりました。

実家に里帰りするまでは通っていた産院に、電話で相談したら

産後ブルーについては、心療内科に行ってください」

と言われました。

「体調面での検査はできるけど、心理的なケアは行っていない」…と。

出産した産院では、先生がすぐ漢方を処方してくれたのもあって

みゆ
みゆ
どこの産院でも同じように漢方をもらえるものだよね?

と思っていたので、やや面喰いました。

近所の産院にも何件か問い合わせましたが、3件くらい続けて同じようなことを言われました。

問い合わせる中で、街なかの産院に漢方に詳しい先生がいると教えてもらい、

受診するとすぐに漢方薬を処方してくれました。さらに疲労回復の別の薬も。

産科でも、産後ブルーのケアをできるところ、漢方薬を出してくれるところは、限られているんだな、と思いました。

もし、お近くに思い当たる婦人科が無ければ「漢方+婦人科」「クリニック+漢方」などのキーワードで検索してみることをおすすめします。

該当するかな?という病院があれば、電話で自分の状態を診てもらえるか、確認したほうが無駄足になりません。

産後うつかも?と思ったら相談する病院

まず産院に電話

私は1か月検診の後、更に2週間経ってから受診しましたが、つらいと感じたらすぐ掛かったほうが良いと思います。

実感として、産んだ病院は、産後も手厚く診てくれます。

漢方が得意な婦人科

漢方・東洋医学を売りにしてる婦人科も、検索・行ける範囲の産院に問い合わせの電話をしてみるなど、検討してみて下さい。

漢方って産後の存在としてはあまり一般的ではないのかも、と今回の事で思い直しました。

看護師の友人も「漢方って専門分野だからね~」と言ってました。

心療内科

前の方に心療内科には抵抗があると書きましたが、漢方を出してくれる産院に出会う前、予約を済ませ行くつもりでした。

心療内科も評判のいい所は順番待ちで、すぐにはかかれなかったのです。

ご自身の状態によっては、心療内科に行くのが近道の場合もあります。

まず病院で一度相談してみて下さい。

生活する上での心がけ

わたしが人から言われて、心が軽くなった言葉です。

適当でいい

先輩ママから、うつ状態になった私にくれたアドバイスです。

適当でいいじゃないですか。キッチリ3時間おきに授乳とか、産院だけでいいですよ。

あと泣いたらミルクだってすぐあげてましたよ~。

あかちゃん太りましたけど、動くようになったら細くなりました。問題なかったです」

当時の産院での教え通りにしていた私からは目から鱗でした。

頭がガチガチになってたんだなぁ、と気づかされました。

人生で一番周りに甘えていい時期

こちらも先輩ママから。

『周囲に大変な思いをさせていて…』という思いで無理もしていましたが

「もっと甘えて、頼っていい時期だと思う~」

と言われました。

甘え上手、感謝上手で過ごすといいと思います。

子育ては一人でするものではない

友達から。

札幌に戻ってからそう言い、心配しておかずを持参して様子を見に来てくれました。

この友達は独身の女性ですが、わたしが同じ立場だったころ、ここまで産後の状態の友人を気遣ってあげられなかったです…。

その後も、ランチに連れ出してくれたり、何かと助けてもらっています。

あと、旦那さんにハグしてもらうと、ストレス解消になります。

脳内物質が出るので、リラックスする神経回路が開かれるそうですが、難しいことはナシにしても試してみる価値ありです。

産後、責任感でガチガチになっているので、甘えてみて下さい。

こんな感じで、わたしの産後うつ体験談を書いてみました。

お読みくださってありがとうございました。

もし今ツラい思いをされていたら、少しでもヒントになると幸いです。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA