病気・衛生

産後うつの病院探し。漢方薬に強い婦人科を受診しました|産後うつ体験談 ② 

みゆ
みゆ
  • 産後うつかもしれないけど、心療内科に行くのは敷居が高い…。
  • そもそも薬を飲むのは抵抗がある!
  • 漢方に強い婦人科ってどうやって探すの?

わたしは産後の不安定な精神状態と体のだるさを、出産した産院の婦人科に相談しました。

はじめは悩み相談レベルでお話したんですが、先生は熱心に聞いて下さり、漢方薬を処方してもらえました。

これで、わたしの産後うつは快方に向かいました。

この記事では、婦人科での受診の様子や、産後うつと婦人科(漢方薬を出してくれるところ)について詳しく書いていきます。

婦人科を受診しました

1か月検診が終わり、実家から自宅へ戻る日が近づいた頃、赤子を産んだ産院の婦人科を受診しました。

婦人科の先生に話していいのか解らなかったけど、自分の精神状態を話しました。

不安に襲われること、不眠の事も。

みゆ
みゆ
話しながら勝手に涙が出て、止まらなくなってしまいました。

が、そんな混乱している自分の状態も見てもらおう、気持ちを言うことはしてみよう、と自分の現状を話しました。

先生
先生
産後そういう状態になるお母さんは多いですよ

『こんなひどい状態になってしまうのは、自分だけじゃないの…?』

と思うと、少し気持ちが軽くなりました。

処方された薬と診断

そして薬を出してもらいました。

漢方薬でした。

産後のブルーと、疲労回復のお薬ですよ。
他にも漢方の種類はあるから、合わなかったらまた来てね 

ここで、うつではなくブルーと言われたことで、また気持ちがスッと晴れました。

些細な事ですが、『わたしの精神状態って、ブルー程度?』と。

10代の頃、友人と「今日なんかブルーだわ」と言ってた、あの程度なのか。

とすこし軽く思えたのです。

みゆ
みゆ
名前の効果ってすごいなと思います。

今考えてみても、当時の自分が果たして産後うつではなかったのか?

…正直わかりません。

ただ、とても悪いと思っていた精神状態が、思ったより軽い名前をつけてもらって、ほっとしていました。

そして、漢方というのも安心しました。

母乳ではなくミルクだったので、薬は飲めるのですが…。

精神安定剤とか睡眠薬とか、強い薬には抵抗感がありました。

育児中のお母さんには、そもそも睡眠導入剤も処方しない、と言ってました

出された薬はちゃんと飲む

漢方薬は自宅(ワンオペ)に行ってから、辛くなったら飲もう。

と、もらってすぐには飲みませんでした。

『自分はまだ薬に頼らなくても大丈夫だ』と思いたかったのです。

『気合でなんとかなるんだ、私の状態はそんなに悪くないんだ』と。

漢方とは言え、やっぱり精神の薬を飲むことに抵抗がありました。でも、間違っていました。

みゆ
みゆ
現状を診てもらったお医者さんに処方してもらった薬なんだから、素直にすぐ飲むべきでした。

その2~3日後に状態が悪くなりました。いよいよ辛くなり、漢方薬を服用したらスッと効きました。

急激に効くものではない、ゆっくり体質改善していく薬、と聞きましたが、

  • 落とし穴にいるような暗い気分
  • ずっしりと動けなくなる疲労感

これらが急激に少なくなり、自分自身が帰ってきたと思いました。

不調と動ける日を繰り返しながら、動ける状態が増えてきています。

漢方薬を出してくれる婦人科は限られていた

札幌に戻ってきてから、薬が切れそうになりました。

実家に里帰りするまでは通っていた産院に、電話で相談したら

産後ブルーについては、心療内科に行ってください」

と言われました。

「体調面での検査はできるけど、心理的なケアは行っていない…と。

出産した産院では、先生がすぐ漢方を処方してくれたのもあって

みゆ
みゆ
どこの産院でも同じように漢方をもらえるものだよね?

と思っていたので、やや面喰いました。

近所の産院にも何件か問い合わせましたが、3件くらい続けて同じようなことを言われました。

問い合わせる中で、街なかの産院に漢方に詳しい先生がいると教えてもらい、

受診するとすぐに漢方薬を処方してくれました。さらに疲労回復の別の薬も。

産科でも、産後ブルーのケアをできるところ、漢方薬を出してくれるところは、限られているんだな、と思いました。

もし、お近くに思い当たる婦人科が無ければ「漢方+婦人科」「クリニック+漢方」などのキーワードで検索してみることをおすすめします。

該当するかな?という病院があれば、電話で自分の状態を診てもらえるか、確認したほうが無駄足になりません。

産後うつの病院探しまとめ

わたしは最初に見てくれた産院の先生が、漢方を出してくれたので、またそれが欲しいと思い行動しましたが、あくまでも、見てくれるお医者さんの判断ありきです。

産後うつ状態の時は、悪い方の受け取り方しかできず、落ち込みが強いので、神経症をまず改善してもらう処方が必要だと思いました。

みゆ
みゆ
ホルモンバランスが乱れた産後にはどうにもならないので、生活の中で徐々に回復を待つのは苦しいです。

わたしは漢方を服用するようになってから、その気持ちの乱れから脱出できました。

やっと休息が訪れました。

病院の薬が無くなってからは、市販の漢方薬のお世話になりました。

産後うつの漢方薬の感想。2つの市販薬を解説 今日はこんな疑問に答えていきます。 産後うつの時に飲んだ漢方薬 当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん) キュウ帰調血飲(き...

次 >>産後うつを乗り越える|産後うつ体験談③

産後うつを乗り越える|産後うつ体験談 ③ わたしは結局、産婦人科で処方してもらった漢方薬と、多大なる心配を掛けた家族の助けがあって、時間を掛けて回復に向かいました。 精神的には...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA