産後うつ

産後うつになった原因|産後うつ体験談 ③ 

体験談②で、’産後うつ’ではなく’産後ブルー’と診断(?)されていますが、

このまま、わたしが産後に感じていた精神的な辛さ=産後うつ、として表記していきます。

産後うつの要因

札幌に戻ってから、保健師さんの訪問の際に言われたことですが、

体力とか、年齢とか、スポーツをしていたかとかは、産後うつになることには関係ありません

とお話してくれたことが、今でも印象に残っています。

わたしの産後うつは、様々な要因でなりました。

  • 実母の大きな病気
  • 睡眠不足
  • 初めての育児
  • 貧血
  • 恥骨の痛み
  • 休息の下手さ(無理をする)

結局根幹は複数要因のストレスではないか、と思います。

みゆ
みゆ
だからと言って、これらを避けて通ることはできませんでした。

ただ、2度目以降は「知っている」ということが精神状態を楽にしてくれるだろうと、確信しています。

経験してなくても、知識があることは大きいと。

知識はわが身を助ける

知らない・わからないまま出産して、反省しています。

わたしは妊娠中、産後の事はあまり調べていませんでした。

たまひよを買って読んでみたり、育児ブログを少し読んでみたくらい。

妹が二年前に出産・里帰りした事もあって、実家の両親を完全にアテにしていました…。

妊娠中初期に、ネットで自分で調べた準備リストを母に見せたら

「そんなに準備する必要ないない!産後に買えばいい」

と一蹴された事も強かったです。

みゆ
みゆ
なんだー産後にゆっくり揃えていけばいいのか~。
里帰りさせてもらえて助かるなぁ。

妹が先に出産してると、両親も慣れてるからありがたいや、と

すっかり準備することを止めてしまいました。

ですが、産後に母も病気になり、情緒不安定になり。

両親は二年前の事は、細かいことまでは覚えておらず、都度調べたり妹にLINEで聞きました。

産後、スマホの操作や見る力が落ちているので、結構な負担で。

やっぱり、自分で知っておくことは必要でした(…反省)。

反省:妊娠中に知っておくこと

お買い物はしなくても、

  • あかちゃんの服
  • サイズや名前
  • オムツやミルクの値段
  • 必要なグッズと使い方

については、妊娠中にひと通り知っておくべきでした。

何も知らないで、その場で対処出来るのは、気力体力がある人だけ。

産後は初めてのことの連続で、ストレスを受けます。

育児や出産ブログを読んでみたり、近しい人の産後の話を聞いてみたりすることは、とても助かりました!

わたしは、あかちゃんの服装の名前がわからなくて、産後の処理能力の落ちた脳では理解できず、

わざわざ疲れた体で、ネットのブログに載ってたイラストをメモに写して覚えようとしました…。

ロンパース、カバーオール、ドレスオール…

これまでの人生では一切出なかった単語が、服ひとつとっても、産後は日常生活に容赦なく入り込んできます。

みゆ
みゆ
全て網羅しなくてもいいんですが、「何となく聞いたことがある」レベルにはしておいたほうがいいです!

たまごクラブのようなプレママ雑誌を数回購読したり、まとめ本をざっとでも目を通しておくと、全体をつかめるかなと思います。

 

次 >>産後うつになりました④

産後うつを乗り越える|産後うつ体験談 ④ わたしは結局、産婦人科で処方してもらった漢方薬と、多大なる心配を掛けた家族の助けがあって、時間を掛けて回復に向かいました。 精神的...

みゆの子育てライフへようこそ

みゆ
みゆ
育児・お家のリアルタイムな情報をシェアします!

産後うつをきっかけに、育児の記録を兼ねてブログを始めました。0歳期の完ミ育児を経て1歳からは知育も開始!

1級建築士。住宅は建築士目線のレポートを更新中です。

カテゴリーリスト

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA