ライフスタイル

洗濯機ホースカバーをDIY!作り方とすき間収納

新居の洗面所にある、洗濯機ホースカバーをDIYしました。

板はホームセンターで全てカットしてもらいました。

組み立てはカンタン。木工用ボンドで張り合わせて完成しました!

面倒なビスは不要です。

ホームセンターの方にカットしてもらった板と、木工用ボンドです。

材料費(板+ボンド)とカット代金で1,000円くらいでした。

 

洗濯機ホースのカバーをオーダーしたメモ

👆ホームセンターのカットしてもらう時に持参したメモ(ありのまま)です。

裏にメモの広告が透けているレベルでありのままです…。

上は斜め横(実際に置いて見える方向)から見た図。

下が平面図。上から見た図です。点線は足になる板の位置です。

幅50cm×奥行19.5cm×高さ10cmです。

 

基本的にはテーブルの様な、コの字型の箱です。

長手方向は見えないので、支え兼目隠しになる「足」はありません。

(洗面台の奥行が洗濯機よりせまいので、横から少し見えるため、一部L字型にしました)

 

ホームセンターのカットの人には

「洗濯機のホースのカバー」であることを話したうえで、

  • どこから見えるのか
  • 何を載せるのか

を伝えました。

おかげで、

板を組み立てた時に見えるところが真っ白になるように

断面(白くない)も考えてカットしてもらえました。

カットする板の大きさは、完成メモからホームセンターの方が選んでくれました。

ありがたかったです…。

板の大きさ、決めかねていました。

 

速乾ボンドを使ったからか、30分位でくっつきました♪

ホースの上にポンと置いてみたところです。

失敗したこと

ホースの高さを計測したら、板の厚みと内部空間の余裕(5㎝くらい)を足した寸法が、仕上りの高さになります。

わたしはこの「板の厚み」は考えていたのですが、余裕を持つのを忘れていてピタピタに…(´;ω;`)

結果、ホースの高さギリギリのカバーになりました💦

 

幸いパーツの向きを変えたりして、なんとか余裕もある状態にしましたが

これから作る方は「板の厚みと余裕」をポイントにして下さい💦

 

ちなみにこちらのカバーは板厚1.8cmです。

これもホムセンの方が、選んでくれました。

おんぶにだっこです…。とても助かりました✨

このくらいの大きさのカバーで、(後に書きますが)上に乗せるものも衣類くらいでしたら、2cm位の板で良いかと思います。

ホースの高さ + 板厚(2cm) + 余裕(5cm) = 仕上り高さ

 

洗濯機ホースカバーの上に収納を置いてみた

洗濯機ホースカバーの上に、ニトリの収納を置きました。

マルチ収納 オールホワイト Mサイズを4つです。

中身はお風呂上りの着替えです。

  1. 息子の肌着
  2. 息子パジャマ、わたしのパジャマ
  3. わたしの下着
  4. 夫の下着

下着を入れてるので、無印良品の半透明の収納(ポリプロピレン)は却下しました💦

予算的にはそちらのほうがお安いんですが。

洗面化粧台のカウンターと、高さがほとんど同じに出来ました。

作業スペースが広がって、ドライヤーの一時置きや着替えの仮置きなど、作業がしやすくなりました💛

 

DIYに面倒くささを感じたら・・・

隙間が12cm位でしたら、ニトリのコの字型の壁に付ける棚を被せてしまうのもオススメです〜。

家は幅があるので💦DIYしました。

みゆの子育てライフへようこそ

みゆ
みゆ
育児・お家のリアルタイムな情報をシェアします!

産後うつをきっかけに、育児の記録を兼ねてブログを始めました。0歳期の完ミ育児を経て1歳からは知育も開始!

1級建築士。住宅は建築士目線のレポートを更新中です。

カテゴリーリスト

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA