家事・お料理

掃除機がめんどうなのでしまい方を色々やめてみたら楽だった

 

紙パック式のコードタイプの掃除機を使っています。

コードレス掃除機が人気の今、

  • コードをコンセントに差替えるのが面倒
  • 出してくるのも面倒

とマイナス面が取りざたされがち。

 

でもヘッドが大きくて、パワフルなのはこのタイプです。

ダブルの面倒問題さえ解消できれば、部屋全体の掃除は早い。

うちはキッチンマットを敷いてるので、パワフルさは気に入っています。

壊れてもいないのに、買い替えもなー…。

 

というわけで、部屋ごとにコンセントを抜き差しせずに済むように

延長コードをつけたままにしました。

こうすることによって、掃除中の手間がひとつ減ります。

 

 

収納と、出した時にさっと掃除にかかれるようにするために

  1. スティックは長いまま
  2. コードも黄色のテープが見えるところまで、出しっぱなし
  3. 延長コードも差しっぱなし

この状態で、階段下の物入れにしまいます。

さすがにコードがごちゃごちゃしてるのは忍びないので、

やわらかいバケツが余っていたので、本体ごとコードも入れました。

バケツの中ではコードがとぐろを巻いていますが、このくらいの見た目ならOKです。

写真の物とは違いますが、👇の様なランドリーバスケットや、100均のバスケットなどで良いと思います。

 

 

以前は、コードも本体に巻きとって、延長コードは束ねて止めて、スティックも一番短くして…

とやっていたんですが、見えないところにしまうので、誰得?と思い止めてしまいました。

 

物入れを開けても、陰にかくれているので、見た目は気になりません。

機動力が上がるので、「コンセントに差す」ひと手間は充電式よりありますが、だいぶん掃除機に対する面倒くささがなくなりました。

 

しかしながら

延長コードが掃除しながらついてくるのって、壁の角に当たったりひっかかったり、煩わしいですよね。

やっぱ、そのうちコードレスに買い替えたい…と思うのでした。

 

みゆの子育てライフへようこそ

みゆ
みゆ
育児・お家のリアルタイムな情報をシェアします!

産後うつをきっかけに、育児の記録を兼ねてブログを始めました。0歳期の完ミ育児を経て1歳からは知育も開始!

1級建築士。住宅は建築士目線のレポートを更新中です。

カテゴリーリスト

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA