知育

1・2歳におすすめのダイワの積み木を買いました!

2歳の誕生日プレゼントは、木製の積み木にしよう!と決めてから、アレコレ商品を見比べました。

今は海外のクーゲルバーンスカリーノなど、おしゃれな白木の木製積み木が豊富にあって、魅力的ですね!

みゆ
みゆ
でも海外製ってちょっとお高いよね…。

初めての積み木ですし、ある程度の数も欲しい。収納用の箱も欲しい…となると、あまり良いお値段のモノは買えないなぁと思いました。

そこでうちが目を付けたのは、お値段が魅力的な「ダイワ」と国産の「小さな大工さん」でした。この2メーカーの木製積み木の感想を、比較して書いていきます。

ダイワの積み木を2歳誕生日プレゼントにしました

買ったダイワの積み木は、「積木4Aセット(48pcs)」という48個の木製積み木のセットです。木製のふた付きの入れ物付きです。

積み木の種類は、直方体・立方体・円柱・面取り球・半円・穴あき直方体…と他にも色々種類が入っていて、直方体だけのセットよりも2歳になる息子には遊びやすいかな、と思いました。

だいわの積み木セットを買いました

うちでは2歳になるまで積み木を持っていなかったので、

「買ったはいいけど、積み木に全然興味を持ってくれなかったら…」という心配もありました。

ダイワでは90個の積木が入った「積木4Bセット」もありましたが、48個セットをまず買ってみて、たくさん遊んでくれるようだったら、買い足してもいいかな、という結論でした。

みゆ
みゆ
ちなみに積み木は購入して2ヵ月使ってみましたが、三角柱を使って新幹線を作ったり、穴あき直方体でトンネルにしたり、と色んな形の入ってるセットを選んで良かったなあと感じています!

ダイワの積み木を買った理由

小さな大工さんは、サンプル品を取り寄せしていたこともあり、その木製積み木の精度の高さには惚れ惚れしていました。

でも、ダイワを買ったのは、ズバリ積み木のセットのお値段が小さな大工さんよりもお安かったからです。

みゆ
みゆ
お安いと言っても、積み木はおもちゃの中でも値が張る方なので…プチプラというわけにはいきませんが💦

他にも、わたしが積み木を買う条件として外せなかった

  • 白木・無塗装品で、強度のあるブナ材であること
  • 4cmの基尺で販売されてること
  • 直方体の数が多いセットであること

これらをクリアーしていたので、購入まで進みました。

木製積み木の購入条件

材質

購入条件の理由ですが、まず白木で無塗装品なのは、見た目が良いことです。

子供のおもちゃは色の洪水になりがちですが、木の色しかないシンプルさが、部屋で一緒に遊んでいても心地いいだろうな、と思いました。

みゆ
みゆ
実際にダイワの積み木は、出しっぱなしでしばらく床に置いておいても、他のおもちゃと比べて気にならないな~と感じます。

無塗装品なのは、木の手触りの良さを体感して欲しいなと思ったからです。

ブナ材は、小さな大工さんで強度を確認していたので、同等品が欲しくなりました。

4cmの基尺を選んだ理由。基尺とは

4cmの基尺というのは、4cmを基本とする大きさ(この界隈では「基尺(きじゃく)」と呼ばれています)で展開していることです。

積み木のサイズをバラバラに購入すると、作品作りがやりにくいので揃えます。

小さな大工さんのサンプルで、4.5cmの基尺のもの取り寄せてみました。が、4.5cmだと、子供には大きいような印象でした。

小さな大工さんサンプルと1歳の手

4cmの基尺で販売しているメーカーは多く、今後他社の積み木を買い足しても、サイズがピッタリ合う!というのもポイントでした。

知育では積み木は指を動かすことで手先の器用さに繋がり、立体を認知する能力が上がるなど、良い事が沢山あります。

みゆ
みゆ
でも数は多い方がもの作りにも良くて、今は50個位なので100個以上は欲しいなと考えています。

4cmの基尺なので、色のきれいなグリムス社のキューブ積み木や、レインボー積み木を買い足してみたいな、と思っています。

直方体の数が多いセット

直方体は積み木で物づくりをするのに一番使う基本の形なので、数が欲しかったです。

2歳の息子に渡すセットだったので「積み木で物を作る」という遊び方がメインになってくると思いました。

赤ちゃん期や1歳にプレゼントするなら「積み木をにぎる・積んでみる」という遊び方になるので、立方体をメインにそろえたと思います。

ダイワの積み木のメリット・デメリットと遊び方

ダイワの積み木のメリット

基本セットにたくさんの形が入っている

ダイワの積み木はそのお手ごろさに注目が行きますが、実は積み木の形が豊富なこともあげられます。

色々な形が入っていて、収納の箱もついている…とほぼ理想の内容だったのに、想定より安くおさまって嬉しかったです。

だいわの積み木で遊ぶ

もちろん小さな大工さんにも色々な形が入ったセットは売っています。が、ダイワのように種類豊富…というよりは、絞ったパターンだなと感じました。

(小さな大工さんでは、メールや電話で「直方体と円柱を入れ替えたセットにして欲しい」とオーダーすることで対応しているようです)

うちのように1つも積み木が無い家庭には、「いろんな形の積み木セット」は初めてのセットに良かったです。

みゆ
みゆ
息子も三角柱を新幹線に見たてて遊んでいます!

丸や面取りした球体・半円もあり、三角柱の形も豊富です。

積み木をする上で、飾りに使うことも多く、「楽しさ」に繋がって良いなぁと感じました。

小さい子にちょうど良い面取りがしてある

また、ダイワは面取りがしてある積み木ですが、そこまでオーバーな面取りではないので、小さな大工さんや海外製の面取りをしていない積み木と混ぜても、そんなに違和感がありませんでした。

面取りは無い方が組みあがった方が美しい!一体感がある、と言われますが、1歳位までは家具に積み木をガツガツぶつけたり…などは日常茶飯事でしたので、面取りのあるダイワで良かったかも…と思いました。

面取りしてても、思いっきりぶつけられた無垢材の椅子は傷つきましたが(´;ω;`)ウッ…。

積み木は「こうすると傷がつくんだよ」「人にぶつけたら痛いんだよ」という教育も込のおもちゃなんだなーと感じました。

みゆ
みゆ
ちなみにうちの息子の場合、1歳10か月あたりからは武器にせずw、積み木として遊んでくれるようになりました。

積み木による家へのダメージが気になる方へは、2歳位からの使用もいいかもしれません。

引き車の入れ物も選べる

ダイワの積み木はお誕生日プレゼントをきっかけに、購入されている方が多いですが、中でも引き車の収納箱があるのが人気の一つの理由です。

うちでは2歳だったので買いませんでしたが、小さな子にとても良いなーと思いました。

1歳の子供に「積み木は少し早いかな?」と思いつつプレゼントした方も、引き車を引っ張って遊んで、自然の木の積み木の手触りを楽しんでくれる、と好評です。

ダイワの積み木のデメリット

組みあがった時の一体感、吸い付くような感覚はダイワにはありません。

これは小さな大工さんの積み木に軍配が上がりました。

材料はブナ材で同じですが、角の処理が違います。ダイワのほうが面取りとよばれる「コーナーを削る」仕上の角度がやわらかくなっています。

積み木はあまり直角じゃない方が良いな…と感じている方には、ダイワはちょうどいい仕上がりになっていると思いました。

小さな大工さんは、塗装はしていませんがツルっとした手触りで、面取りも角が感じられるくらいの控えめな処理です。

小さな大工さんではサンプルを販売しているので、一度お取り寄せしてみるのもオススメです。3つの基尺があるので、大きさで悩んでいる方にも。

ダイワ「やわらかい」 小さな大工さん「固め」 と、イメージして頂ければいいかなと思います。

見た目でわたしも「小さな大工さんがいい!」と譲れない気持ちがあったのですが、子供のおもちゃなので、そのうちマーカーで落書きされたり、傷もついたり…と「美しく」なんてどうでもよくなっちゃう日が来るのかも…と思いました💦

ダイワでは汚れが気になる時はサンドペーパー(240番)でこすることを勧めています。

みゆ
みゆ
補修が自分で出来るのは嬉しいポイント!

個人的には、種類が豊富なダイワのセットで積み木遊びをスタートして、徐々に小さな大工さんやHABAなどを増やしてもいいかなと。

実際2か月後に、小さな大工さんの直方体を20個追加しました。

 

ダイワは製造が中国です。

設計・検品は日本で行われて、北欧産の良質なブナ材を使用し、ヨーロッパ規格EN71に準拠した舐めても安全な塗料を使用し作られています。

みゆ
みゆ
実際使ってみて、変なにおいや見た目におかしなところはありませんでした。木のいい匂いがします。

防腐・防虫加工もナシなので、口に入れちゃう時期の子供にも大丈夫。

ダイワ・小さな大工さんの積み木比較とおすすめなのはどっち?

ダイワと小さな大工さんの積み木を比較してみました。

ダイワ 小さな大工さん
製造 中国※検品日本 日本
素材 北欧ブナ無垢材 ドイツブナ材
安全 ヨーロッパCE基準

防虫・防腐加工なし

ドイツFSC認定木材

防腐加工等なし

基尺 30mm、40mm 30mm、40mm、45mm、50mm
展開 1個から購入可能  1個から購入可能

わたしが1・2歳におすすめなのは、ダイワです。

理由は、手触りの「木」に近い感触と、一つのセットで色々な形が揃うところです。

この年齢の頃なら、1歳時期は積み重ねて遊び、2歳になると並べて遊ぶという展開にも、色んな形があるので対応しやすいです。

ただ、積み木をどんどん増やしたい!数も欲しい!と考えているなら、最初から小さな大工さんを買ったほうが良いです。

子供が3歳くらいになると、モノづくりが楽しくなってくるので、小さな大工さんの精巧な作りは後押ししてくれます。

購入を検討されている方の参考になればうれしいです。楽しい親子の積み木ライフを送られますように☆

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA