育児グッズ

ベビーベッド卒業後の寝方【間取り付】子供の人数別ベッドレイアウト

ママさん
ママさん
ベビーベッド卒業したら家族で寝たいけど、必要なベッドの大きさとかわからない…

今日は、こんな疑問に答えていきます。

寝室の人数

  • 夫婦+子供1人=3人
  • 夫婦+子供2人=4人

寝室で一緒に寝る人数によって、必要なベッドの大きさは違います。

みゆ
みゆ
わたしは建築士ママなので、図面にレイアウトを入れて説明します。

ベビーベッド卒業のタイミングは?

ベビーベッドを卒業するのは、生後半年~1歳位。

寝返りをしたあたりから検討をしだし、つかまり立ちをするようになってからは、卒業へと進むケースが多いです。

  • 添い寝の方が夜間の対応がしやすい
  • 立って危なく感じるようになった
  • ベビーベッドよりも布団で寝かせるほうがラク

上記のような理由があげられます。

商品としては、生後24か月まで使えるものがほとんどですが、卒業はそれよりも早いです。

みゆ
みゆ
うちも1歳まで使いました。

家を建てたので、引っ越しのタイミングに合わせて卒業です。

ベビーベッドを卒業した後の寝室の間取り

ベビーベッドを卒業した後の寝室の間取り

わが家は6.8帖の寝室に、シングルベッドを2台、くっつけて並べています。

子供を真ん中にし、両サイドに夫と私の3人、川の字で寝ようと思っています。

色々な考え方がありますが、わたしはベッドが布団よりも好きなので、ベッドで親子同室で寝るという方法を選びました。

ベッドを2台並べる

↑写真は、シングルベッドを2台寄せて配置し、それぞれシングルサイズのシーツと布団をかけています。

離せばすぐ、独立したシングルベッドとして使えます。

うちは夫・私・長男の3人家族で、今後も生む予定はありませんので、シングル2台でOKでした。

子供を2人目予定している場合のベッド構成

子供を2人目予定している場合のベッド

子供を2人予定していて、一家で眠るなら、ダブルベッドとシングルベッドを並べる必要があります。

外寸
シングルベッドW100cm × D200cm
セミダブルベッドW120cm × D200cm
ダブルベッドW150cm × D200cm
キングベッド(シングル2台)W200cm × D200cm

ベッドの最低幅(W)

大人 75cm × 2人 + 子供 50cm × 2人 = 250cm(以上)

大人の75cmはダブルベッドの一人当たりの幅、子供の50cmはキングベッドから大人のスペースを引いた幅から算出しました。

親子別室で眠るようになったら、シングルを子供用ベッドに、ダブルベッドを夫婦用にという使い方もできます。

ベビーベッド卒業にあたり用意したもの

ベビーベッド卒業にあたり用意したもの

2台のシングルベッドを、寄せただけだと、以下の問題がありました。

  1. マットレスの隙間の上は寝にくそう
  2. 隙間にホコリやゴミが溜まる懸念
  3. 子供がベッドから落下する危険性

子供の安全に関わることばかり。すぐに対策をしました。

2台のベッドの隙間対策

  • 隙間パッドを入れる
  • ボックスシーツをキングサイズに

ベッド同士の隙間には、専用の商品があったので、隙間をうめるパッドを楽天で購入。

 

キングサイズボックスシーツ

それぞれのベッドにかけていたシーツを、シングルベッド2台と同じ大きさの、キングサイズのボックスシーツに変更。

キングサイズのボックスシーツは種類も少なく、すきまパッドと同じショップで売っていたので、同時に買いました。

 

すきまパッドとキングサイズシーツの装着

すきまパッド+キングサイズシーツの装着

すきまパッド装着手順

  1. ベッドパットを装着
  2. すきまパッドをマットレスの間に挿入
  3. キングサイズのボックスシーツを2台のマットレスにかける。

ボックスシーツをかけてみると、ゴムが強くて2台のベッドをシッカリまとめてくれます。頼もしい。

すきまパッド+キングサイズシーツの装着2

こうすることで、見た目はキングサイズ(実際はシングル2台)のベッドが完成。

汗取り用のベッドパッドは、シングルサイズのまま使っています。

ベッドパットもキングサイズにするなら、すきまパッドを1番目に付けます。

すきまパッドの寝心地

みゆ
みゆ
私がすきまパッドの上で寝転がっても、違和感がありませんでした。

すきまパッドの上からシーツをかけているので、隙間は全くなくなり段差もほとんど感じません。

息子を寝かせたところ、広いベッドでコロコロ寝返りを打ち、うれしそうでした!

すきまパッドを入れてみたメリット

すきまパッドで解決したこと

  • 子供が隙間に足を挟まない
  • 隙間からゴミや髪の毛が落ちない
  • マットレスがずれなくなった
みゆ
みゆ
1枚のマットレスで寝ているかのような、使い心地になりました

すきまパッドのウレタンは、クリーム色だったのが2~3日経つと黄色に変色しました。画像は1年たった状態です。

シーツの上からは透けていますが、布団をかければほとんど見えないので、気にならなくなりました。

もし嫌な場合は、パットにカバーがついたタイプもあるので、そちらにすると◎

ベッドからの落下防止

ベッドからの落下防止

ベッドの両サイドには、落下防止のベッドガードも取り付けました。

子供がベッドサイドから落ちる心配が解消。

お昼寝や夜の寝かしつけの後、子ども一人でベッドに寝ている時間もあるので、必要でした。

足元の落下防止

冬は布団や毛布が足元に常にあるんですが、夏場はタオルケットだけにしていたら、足元から子供が転がり落ちました…

床の上に滑り防止のジョイントマットを敷いて、その上に来客用の3つ折りマットレスを置きました。

夏場だけでも、足元にはマットなどを置いておいた方が◎です。

キングサイズ以上のベッド構成の場合

キングサイズ以上のベッドの対策

  • シーツの上から使えるすきまパッドを入れる
  • マットレスバンドで動かなくする

ダブル+シングルなどキングサイズ(幅200cm)以上の場合、ボックスシーツは別々になりますので、すきまパッドは表に出てきます。

楽天市場のショップにあるすきまパッドは、カバー付きの003タイプが、色も白系と茶系の2種類があって良いですね。

 

マットレスバンド

マットレスのずれ防止に、マットレスバンドがあると、毎日マットレスを寄せずに済んで便利です。

ダブルベッド2台まで固定できる、マットレスバンドがありました。

↑これも隙間パッドと同じショップ(ベッド&マットレス)です。隙間のことを良く考えてる会社です…。

ベッドは子育て中には不向き?

ベッドで子育てするデメリット

  • 洗濯が大変
  • シーツ交換が大変
  • マットレスの買い替えは高い

子供が寝ているベッドですので、病気で吐いたり、寝汗がすごかったり…と洗濯の機会が多くなります。

先輩ママからは、厚手のタオルを、枕もとに敷いておくといいよ~!とアドバイスもらいました♡

息子の寝相は360度どこでも転がっていくので、大きなタオルを真ん中に敷いて、その上に寝かせて様子見。

おむつが取れるころには、キングサイズでも防水シーツがありましたので、検討もしています。

ベビーベッド卒業後の寝方のまとめ

専用アイテムや、安全対策グッズを使って、家族で安眠出来るようになりました。

親子で一緒に眠れる時期を、大事にしたいですね。

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です