1歳子育て

ベビーベッドを卒業後、1歳の子供が親とベッドで寝るなら用意したい物

1歳2か月でベビーベッドを卒業した後の、子供の寝る場所はどうしよう、と考えました。

うちの家族構成は、夫+私+子供の3人家族です。

夫と私は、子供が産まれるまで、シングルベッドを2台並べて寝ていました。

みゆ
みゆ
ベビーベッドを卒業したら、1歳の子供を真ん中にして、ベッドで親子3人川の字で眠りたい!

子供はいずれ、一人で子供部屋で眠ります。

親子で寝るのは限られた期間なので、新規寝具の購入は、必要最低限にしたいもの。

元からあるシングルベッド2台を寄せて、3人で寝れないかな?と思いました。

1歳の子供とベッドを2台繋げて眠るなら、落下の心配や、真ん中の子供の寝心地はどうなのか、気になりますよね。

こちらの記事では、ベッドで家族3人が安全・快適に眠るため、そろえた物について詳しく書いていきます。

ベビーベッドを卒業した後の寝方

シングルベッド2台を寄せて、子供を真ん中にして寝てみました。

夫と私でサンドイッチした、川の字配置です。

シングルベッドは2台のマットレスにそれぞれ、ベッドパッド(汗取りの役割)を敷いて、シングルサイズのボックスシーツをかけています。

掛け布団もシングルサイズを各自かけています。

みゆ
みゆ
2台の独立したシングルベッドを、寄せただけ。

なので、くっ付けてるとは言え、真ん中のマットレスには隙間がありました。

ここで問題が。

  1. マットレスの隙間の上では、子供が寝づらそう。
  2. 隙間にホコリやゴミが溜まるのでは。
  3. 子供が一人で寝ている時に、ベッドから落下する危険性!

子供の安全に関わることばかり。すぐに対策をしました。

1歳の子供とベッドで寝るなら用意したい物

2台のベッドの隙間対策

まずくっつけているとはいえ、ベッド同士の隙間があって息子が寝づらいのでは?

これには、マットレス2台の真ん中の隙間をうめるパッドを楽天で買いました。

 

更に、ボックスシーツも新しくしました。

今までは2台のシングルベッドにそれぞれ、ベッドパットの上からボックスシーツをかけていました。

シングルサイズのボックスシーツ×2枚から、キングサイズのボックスシーツ×1枚に大きさを変更しました。

すきまパッドと同じショップで売っていたので、シーツとパッドを同時に買いました。

すきまパッド+キングサイズのボックスシーツの寝心地

すきまパッドをマットレスの間に挿入して、キングサイズのボックスシーツで2台のマットレスをラッピングするようにかぶせます。

ボックスシーツをかけてみると、ゴムが強くて2台のベッドをシッカリまとめてくれます。頼もしい。

こうすることで、見た目はキングサイズ(実際はシングル2台)のベッドが完成です。

写真のグレーのクッションのあたりが隙間パットです。

すきまパッドの上からシーツをかけているので、隙間は全くなくなり段差もほとんど感じません。

みゆ
みゆ
わたしがすきまパッドの上で寝転がっても、違和感がありませんでした。

息子も寝かせて見たところ、広いベッドでコロコロ寝返りを打ち、うれしそうでした!

寝返りが前よりスムーズになったな~と感じました。

汗取り用のベッドパッドは、シングルサイズのまま使っています。

こちらも特に問題ありません。より2台のベッドの一体感を求めるなら、ベッドパッドもキングサイズに買い替えるという方法があります。

洗濯後の干すスペース確保が大変そうなので、今のままでいいと思っています(;´∀`)

ベッドからの落下防止

ベッドの両サイドには、落下防止のベッドガードも取り付けました。

真っ白のメッシュで気に入ってますが、同じ商品は現在(※2019年8月)amazon・楽天共に売り切れの模様です…。

子供用のベッドガードは、買ってよかったです!

サイドから落ちる心配が無くなりました。

お昼寝や夜の寝かしつけ後の数時間は、一人でベッドに寝ている時間もあるので、必要でした。

こちらはレビュー4500件超えの人気商品で、カラーが4色から選べます。

日本育児が作っているという点も、安心ですね。

ベッドは洗濯が大変で子育て中には不向き?

いずれ病気などで吐いたりすることも考えられます。

そもそも子供は汗をよくかきます。

みゆ
みゆ

ベッドで子育てするのは、お洗濯やベッドメイクが大変かな~。

マットレスまで汚れが染みたら、買い替えしなきゃいけない?💦

と思っていましたが、先輩ママから

厚手のタオルを、枕もとに敷いておくといいよ~!

アドバイスもらいました♡ありがたいです。

息子の寝相は360度どこでも転がっていくので、タオルケットを真ん中に敷いて、その上に寝かせて様子をみています。

キングサイズでも、防水シーツはありましたので、検討もしています。

まとめ

◎ベッドで1歳の子供と親が一緒に寝るなら、落下防止のベッドガードがあると安心。

◎ベッドに隙間があると、ゴミが落ちたり、子供が寝づらい・隙間に足を挟むなどの懸念があるので、専用の「すきまパッド」を使うと良い。

◎すきまパッドの上から、1枚のシーツをかけると、寝心地はかなり改善する。

◎ベッドは洗濯が大変なので、汚れても良いようなタオル(タオルケット)を敷いて、子供を寝かせる。

布団の上げ下ろしをしなくてもいいベッドは、もはや離れられない存在です。

専用のアイテムや、安全対策グッズを使って、家族で安眠出来るようになりました。

親子で一緒に眠れる時期を、大事にしたいですね。

 

 

ミニベビーベッドはいつまで使えるのか、寝返りは狭くないのか、詳しく書きました↓

ミニベビーベッドはいつまで使える?赤ちゃんは寝返り狭くないのかな?これからあかちゃんを迎えるのに、ベビーベッドを検討していたら、 「ミニベビーベッドっていうのがある…けど、使える期間や、あかちゃん...

みゆの子育てライフへようこそ

みゆ
みゆ
育児と住宅の実体験レポートをシェアします!

産後うつをきっかけに、育児の記録を兼ねてブログを始めました。0歳期の完ミ育児を経て、1歳からは知育・おうち英語も開始!

一級建築士ママ。マイホームは建築士目線のレポートを更新中です。

カテゴリーリスト

HOME

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA