マイホーム

ワークカウンターの配置とやって良かったこと

ワークカウンターは取付て、本当に良かったと思います。

わが家では、ダイニングの横に設置しています。

オープンなLDKなので、ダイニングは、キッチンとリビングの間にあります。

 

ここだとコーヒーを淹れに行くにも近いですし、書類や文房具を収納しているパントリーも真横です。

リビングも隣なので、横で子供も遊んで安心💛

ここではワークカウンターでこだわって良かったポイントをお伝えしますね。

 

1.ワークカウンターの高さ

わたしは身長が高く170cmあります。主人も183cm。

一般的なテーブルの高さは70cmなんですが、体に合うワークカウンターの高さの公式があります。

カウンターの高さ = 身長×0.25-1 + 身長×0.183-1

※170cmの場合:71.61cm

というわけで、カウンターもこの高さにあわせました。

一般的な机を購入するとなると、ここまでの微調整は効きませんね…。

大工さんに取付してもらう造作ならではです。

結果、椅子に座る際も自然と姿勢が良くなりました。

無理なく背筋が伸びてPC作業がしやすいです💛

 

2.ワークカウンターの色

ここでワークカウンターの仕様を書きますね。

わが家ではLIXILの造作カウンターを採用しました。

選べる色は単色の白、明るい木目から暗い木目までの5色でした。

出典:LIXIL

本当は床と同じ、ナラの集成材にしようと考えていましたが、予算を削る際に建材に変更しました。

わたしは

「本物の木の質感がないもの(=建材)はなるべく目立たなく、存在感を消す」

をテーマに内装材を選んでいました。

そこで壁紙と同じ白(YY/プレシャスホワイト)を選んで、なじませる選択をしました。

 

 

デザインを検討している時も「背景に白を置いて、比較検討する」作業をよくしていました。

なので、ワークスペースのカウンターは「単色・白」が良かったかも。

汚れも気にしていましたが、建材ならではの強さを発揮していて、キズも付きにくい。

予算を絞るところからのスタートでしたが、実用に合った色選びをすることが出来ました。

 

3.ワークカウンターのコンセント

PC作業をするスペースなので、重要なコンセント。

カウンターの上と、床近くの2か所に機器用に設置しました。

ワークカウンターの天板には穴を開けて、カウンター下のコンセントにも配線が行けるようにしました。

これ、使わないかな?と思ってたのですが、助かりました~。

今後もどういう機器を使うか・レイアウトが変更されるかわからないので、あると良いです。

 

カウンターの上には棚板を1段つけました。

オーディオ・ルーター・wifiの機器を乗せています。

ちょっと前で言う電話台の役割と、オーディオ台の兼用棚

電話の引き込み・コンセントを並べて設置しました(↓カゴの後ろです)。

機器を配置して、カゴで配線や通信機器は隠しました^^;

ゴチャゴチャして見えますもんね~。

 

4.ワークカウンターの吊戸棚

意外と作業するには資料となる本や、音楽を聴くCDなどが必要です。

それらを見えないように閉まっておける、吊戸棚はつけて正解でした。

子供が小さいので、リビングで読み聞かせする絵本もここにしまっています。

図書館で借りたり、いただいたりで冊数が変動します。

棚の中で、300円ショップのお皿立てを入れて、仕切っています。

 

さいごに

  • 高さの検討はしてみよう(カウンターの高さ=身長×0.25-1 + 身長×0.183-1)
  • 色はホワイトおすすめ
  • コンセントを床近くに計画したら、カウンターに穴も計画しよう
  • 天井は収納の穴場。吊戸棚おすすめです

このブログもここで書いています。

デジカメをつないだり、スマホを横に置いたりと作業時はごちゃごちゃしますが、終わればすっきりしています。

オーディオを置いている棚も、リモコンや鍵、読みかけの文庫が「一時置き」に使われてしまうこともしばしば。

それでも夫に「ここは物を置きたくない」と伝え、時には強制移動してw

何とかすっきりしたワークカウンターを維持して…いる…かな?w

何かのご参考になれば幸いです。

お読み下さってありがとうございました。

みゆの子育てライフへようこそ

みゆ
みゆ
育児と住宅の実体験レポートをシェアします!

産後うつをきっかけに、育児の記録を兼ねてブログを始めました。0歳期の完ミ育児を経て、1歳からは知育・おうち英語も開始!

一級建築士ママ。マイホームは建築士目線のレポートを更新中です。

カテゴリーリスト

HOME

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA