子育てと家づくり

蹴込とは?なぜ必要なのか【住宅設計】

みゆ

一級建築士の私が階段の蹴込について解説します!

蹴込(けこみ)とは

蹴込(けこみ)とは、階段の踏面(ふみづら)が、蹴込板(けこみいた)から出ている3cmほどの部分です。

  • 踏面:足を載せる板。階段の段板です。
  • 蹴込板:下の画像の通り、階段の垂直面です。

住宅の階段は、蹴込を30mm以下で取っているのが一般的です。

蹴込がない階段もある

鉄筋コンクリート造の階段では、蹴込はありません。

スーパーやデパートの階段を思い出してみて下さい。

またエスカレーターも蹴込はないですね。

蹴込があるのは、主に木造の住宅です。

(もちろん意識的に鉄筋コンクリート造でも蹴込を作ってる場合もありますが、事例としては少ないです。)

蹴込が住宅の階段に必要な理由とは

蹴込がない階段ですが、木造でも作れます。

上の画像のように、作ること自体は不可能ではありません。

むしろ、スタイリッシュでこっちの方がいい!、なんて声もあります。

インスタでもたびたびアップされているのを見ます。

それでは、なぜ住宅の階段に蹴込があるのでしょうか。

蹴込がある場合とない場合の図解

次の画像を見て下さい。

左が蹴込がある階段で、右は蹴込がない階段を、人体モデルが登ろうとしています。

蹴込があるほうが、段の先(段鼻といいます)が目立つので、視認性が高いですね。

蹴込がない商業施設などの階段では、すべり止めの金物に目立つ色を採用することで対処しています。

住宅の階段に戻りまして、足元の拡大をしてみます。

上の足のかかとの位置に注目。

同じ位置にかかとが着地していますが、蹴込があるとかかとの後ろに余裕があります。

低い方の足も、蹴込があるとつま先に遊びの空間ができるため、蹴込板に足をぶつけにくくなります。

また、学生時代授業で習ったのですが、蹴込があるほうが足首の動き(角度調整)がスムーズにできます。

蹴込のメリット・デメリット

蹴込のメリットは次のようにまとめられます。

  • 遊びの空間が生まれるので上りやすい
  • 段鼻がわかりやすいので視認性が高い

住宅は他の施設と違い、靴を脱いではだしや靴下で上ります。

靴下は靴よりも摩擦が小さいので、すべりやすいため、より安全性に気を使いたいですね。

わが家は小さい子を育てている家庭なので、蹴込のないデザインも捨てがたかったのですが、結果蹴込があって良かったなと思っています。

蹴込のデメリットは、段の先が出すぎているとつまづきやすくなります

前にも書きましたが、30mmを超えないように設計し、つまづきやすくなっているお年寄りが暮らす場合は、25mm位でも検討します。

階段は家の中でも事故が起きやすい場所です。

安全性のために蹴込は意外と大事です、というお話でした。

それでは、この辺で。

ではでは~!

住まいの図面、チェックとご相談に乗ります!

ココナラというスキルを販売するサイトでは、住宅の設計・プランのチェックや相談も出品しています

お悩みさん

今の担当さんの以外のプロに、家の図面をチェックしてもらいたい…

すでにハウスメーカーに依頼はしてるけど、セカンドオピニオンとして専門家にアドバイスをもらいたい、というような方にご利用いただいてます!

みゆ

お気軽にお問い合わせください!

\ 住宅設計歴16年の一級建築士ママによる /

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA