育児のお買い物

ストロー練習におすすめのマグは? マグマグストローはいつまで使える?

子供が7か月後半に入り、ストローの練習をさせてみることにしました。

ストローには「8ヵ月から」と書いてある商品がほとんどなので、ちょっと早いんですが。

育児書のひとつに、「ストローの練習は早い方がスムーズ」と書いてあったので、物は試し…とやってみることに。

ちなみにわが家では「ピジョン マグマグストロー」でストロー練習しました。

2歳2ヵ月現在でも、時々使っています。

こちらの記事では、おすすめのストロー練習マグと、ピジョンのマグマグストローのメリット・デメリット。さらに後継のコップパーツについて、詳しく書いていきます。

ストロー練習におすすめのマグ

おさがりであったストローマグで飲めなかった時、ツイッターでつぶやいたら、フォロワーさんからおすすめ頂きました💛

リッチェルのストローマグです。

なんと蓋にボタンがついてて、押すと飲み物がピュッと出てくる

のでストローの練習になるそう。

いやー、ピジョンのおさがりが無かったら、コレ飛びついてました!

 

「ストローで吸うと飲み物が出てくる」って、どう教えたらいいのやら💦

って思いますもんね~。

そのあとコップ飲みの練習、そのままコップとして長く使えるみたいです✨

本当にありがたいアドバイス…。

たまたまストロー飲み出来るようになりましたので、購入はしていませんが、すごく惹かれました。

マグマグでストローはいつから?

家には先輩ママの妹から借りてる、ピジョンの乳首付きマグがありました。

 

👆これに付けられる、同メーカーのストローのパーツを購入してきました。

メーカーでは8ヶ月頃から、と推奨されています。

コップの下の方が黄色で、持ち手はオレンジになってしまいますが💦

 

👇コレを最初に買えば、統一感ありますね~

わが家では7ヶ月後半からスタートしました。

初日はストロー飲み出来ませんでした

写真ではちゅうちゅうと吸ってるように見えますが、初めてのチャレンジはかじってるだけでした~💦

わたしが吸う様子を見せたりしてもダメ。

しまいには赤子がマグを傾けすぎて、洋服をびしゃびしゃにして終了…。

ただ、握ることは上手にできていたので、初めてなのになぁと感心していました。

そう考えると、7ヶ月を過ぎてストロー練習開始したのは、手先もちょっと器用になった頃なので、丁度よかったかも…と思いました。

7か月でストロー飲みが出来るようになりました

また練習してみたら、少しですが飲めるようになりました。

かじったりしてるうちに、偶然吸って麦茶が出てくるのを体験したんで、原理を覚えたみたいです。

みゆ
みゆ
ヘレンケラーに井戸のポンプで水を教えたサリバン先生の気分…。

その後数回繰り返したら、かじる頻度が減って、吸い込んでくれるようになりました💛

でも、麦茶も湯冷ましも好きじゃないみたいで、吸った瞬間

「まずっ」

って顔になるので、「ああ、飲めたんだね…」とすぐ解ります。

結局、その後数回トライするうちに、成功するようになりました。

8ヵ月までかからずに、ストロー飲みできました。

マグマグストローのメリット・デメリット

マグマグのストローパーツのメリット

ドラッグストアでよく見かけるので、パーツの買い替えが入手しやすかったです。

ストローはかじられて、よく買い替えるので大事。

みゆ
みゆ
軽くて持ち手が大きいので、子供は持ちやすそうでした。

マグマグのストローパーツのデメリット

車で運ぶくらいなら大丈夫なんですが、バッグに入れようものなら漏れます。

保冷機能がないので、別途水筒を持って、飲み物を移し替える必要がありました。

多少重さはありますので、9か月からの商品ですが、サーモスの保冷マグがおでかけには最強でした。

夏場でも安心して車中に置いておけます。

漏れたことは一度もありません。

これを買ってから、マグマグは完全家用になりました。

マグマグのコップパーツのメリット・デメリット

ピジョンのマグマグは、ストローの後のコップ飲みに対応したパーツが売ってます。

これを見込んでピジョンにするか検討してる方向けに、レビューします!

マグマグのコップパーツのメリット

最初からは買わずにマグマグストローを1つ用意して、後で様子を見ながら、コップパーツを足せる。

同じコップで、飲み口のパーツだけ交換することが出来ます。

マグマグのコップパーツのデメリット

デメリット ① フタが開け閉めしずらい

コップパーツはスライドフタが付いています。これが開け閉めしにくい。

コップパーツを使う頃には、お出かけの機会も増えてきてました。

それでも使いにくいフタは、出先で開け閉めしたくない…。

と思って、ほとんどお出かけに持って行きませんでした。

デメリット ② 飲みにくい

飲み口から「どばっ」と水が出てきて、よくこぼしてしまう。

水量は調整できるんですが、角度と合わなかったり、ちょうどいい所が良くわかりません。

飲み口の形状も、口の中まで入ってくる形をしていたので、子供は嫌がりました。

 

まとめると、マグマグのコップパーツはオススメしません。

マグマグストローは、2歳になってコップ飲みをするようになっても、たまに使っています。

風邪をひいた時に、主に使っています。こぼす心配がコップより少ないので!

 

こちらもどうぞ

ジョイントマットの選び方(8w1w)おすすめの色赤子の買い物って大抵 時間がかかる=今までに買ったことが無いので、何を選んだらいいかわからない なのですが、 ジョイントマッ...

 

みゆの子育てライフへようこそ

みゆ
みゆ
育児・お家のリアルタイムな情報をシェアします!

産後うつをきっかけに、育児の記録を兼ねてブログを始めました。0歳期の完ミ育児を経て1歳からは知育も開始!

1級建築士。住宅は建築士目線のレポートを更新中です。

カテゴリーリスト

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA