住宅

ガス代・電気代が節約できる!パネルヒーターとボイラーの設定

わが家の暖房の熱源は「都市ガス」です。

「エコジョーズ」というボイラーで温めて、「パネルヒーター」で各所を暖房しています。

みゆ
みゆ
ボイラーとパネルヒーターの設定は、どうしたら節約できるかな?

と、思い直接メーカーに電話してみました!

電話したのはパネルヒーターのメーカーで、サンポットです。

節約につながるボイラーとパネルヒーターの設定をまとめました!

おすすめのボイラー&パネルヒーターの設定方法

  1. ボイラーは出来るだけ設定を低くする
  2. パネルヒーターはバルブの数字を高くする

ボイラーの設定は低くても良いんだ!と目からうろこでした。

バルブの数字を高くする=最大限解放する=ボイラーで作った熱を、フルで使う

というわけで、これも聞くと理にかなっているんですが、

何となく、「中くらい」で使っていました…。

設定を逆にするとどうなるのか

ボイラーを高く設定し、バルブを絞った(低い数字)場合

ボイラーで高い温度まで沸かした不凍液を、各部屋のパネルヒーターまで送っても、

バルブが絞ってあるので、熱が使われないでボイラーに帰って来る…😢という。

みゆ
みゆ
エネルギーがムダ…

しかも不凍液は床下を通ると冷めますので、パネルヒーターで放熱しなくても、

行き帰りの間に熱が奪われてしまうのです。

ボイラーからパネルヒーターまで、1階の配管はほぼ床下を通っています。

ボイラーは、帰ってきた不凍液が冷めているので再び沸かします…と、効率が悪いのです。

節約できるパネルヒーターとボイラーの設定に変更

ボイラーの設定を一番低い「1」にして、

各所のパネルヒーターは最大の「6」にしてみました。

暑くなりがちな2階は、最初から「3」にしました。

2階を「0」にしてしまうと、1階と2階の温度ムラが出て、吹き抜けや階段付近がスースーしてしまいそうなので止めました。

1ヶ月やってみた結果

ガス代 22,559円 ➡ 21,785円(-774円)

電気代 7,173円 ➡ 6,680円(-493円)

微妙な額ですが( ´∀` )💦

合わせて1,200円くらいの節約になりました。

参考

家は北海道札幌市の30坪・吹き抜けありの二階建て木造住宅です。

断熱性能は、札幌市の札幌版次世代住宅の等級・スタンダードレベル相当。

このボイラーの設定の効果だ!

と感じるほど大きな額ではなかったのですが、いずれも厳寒期の光熱費です。

みゆ
みゆ
むしろ設定後のほうが寒い日が多かったのに、値段が下がったのはすごい。

札幌市では40年ぶりとなる、最高気温が-10度の日があった月だったのですよ~。

室内にいても、寒さを感じることもありませんでした。快適。

良い事しかなかったので、わが家では引き続きこの設定を採用したいと思います!

 

吹き抜けについても書いています↓

【北海道】うちの吹き抜けの寒さ対策【札幌市】吹抜けはおしゃれで解放感もあり、憧れますよね~( ´∀` ) 御多分に漏れず、私も家を新築するにあたり「吹抜け欲しい!」と思いまし...

みゆの子育てライフへようこそ

みゆ
みゆ
育児・お家のリアルタイムな情報をシェアします!

産後うつをきっかけに、育児の記録を兼ねてブログを始めました。0歳期の完ミ育児を経て1歳からは知育も開始!

1級建築士。住宅は建築士目線のレポートを更新中です。

カテゴリーリスト

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA