マイホーム

家が車が通ると揺れる!どこに相談すれば良い?

『トラックが通るたびに家が揺れて、全然落ち着きません😢』

…こういう悩みを一度持ってしまうと、気になり続けてしまいますよね。

わが家もそうでした。そんな折に「交通振動」で悩んでいる人が意外といることを知りました。

が、どこへ言えば良いのでしょうか?

家を新築しましたが、車が通るとガタンと揺れて気になる生活はご免💦です。

こちらの記事では、わたしが実際に問い合わせた内容と、対応してもらった事をお伝えします。

家が車が通ると揺れる!どこに相談すれば良い?

札幌市内の市道および道道の補修や整備に関するご要望につきましては、【土木センター維持管理課】が担当となります。お住まいの区の【土木センター】へ連絡願います。

札幌市役所のよくある質問サービスによると、相談先は土木センターでした。

わたしは知らなかったので、まず市役所に電話しました。

大抵の市役所は代表電話の窓口の方が取り次いでくれると思いますので、

「道路管理課」をお願いすればつないでくれます。

そこから、要件を話して担当につないでもらうか、管轄の連絡先を教えてもらえます。

ここからは、体験談になります。

まず土木センターに電話して、次のような事を相談しました。

  • 車が通ると家がガタンと振動して怖い
  • 冬、雪が積もっている間は気にならなかったが、春になって酷くなった
  • 道路の特定の場所に車が通行すると大きく揺れる気がする

初めに「交通振動で困っていまして」と切り出すと、話が通じやすかったです。

住まいの住所を告げて電話を切って、その日の午後には職員の方が下見に来ました。

インターホンを鳴らして、ヒアリングもしてくれました。

わたしが行動したことは、電話をかけただけなのに…。

悩ませられていたとはいえ、ありがたい気持ちになりました。

道路の補修はどうなった?マンホール回りのアスファルトを補修したら改善!

現場下見をしてくれた職員さんは、親身でした。

「どういう時に揺れますかね~」「こっちの道路からですか?」など、ヒアリングをしてくれました。

そして翌週には、作業員4名・警備2名で2日間にわたり6か所の道路を部分補修していました。

主には、マンホール回りの陥没しているアスファルトをはがして、再舗装。

あとはくぼみの大きい所を埋めていました。

みゆ
みゆ
本当はツギハギ補修ではなく、舗装し直してほしい…

でも歩行に困難が起きるレベルで痛んでないと、それは無理なようでした。

工事の人たちは1時間~2時間で作業を終えて、またどこかの現場へ向かって行きました。

その後、大きな車や小型トラックが通行しましたが、今までよりも揺れが小さくなりました。

わが家の前面道路では、マンホール回りが一番の原因だったようです。

車が通るだけで揺れるなんて…欠陥住宅?!地盤が悪いの!?

と、不安が大きくなってしまいますが、こうして親身に対応してくれたので、まずは道路の管轄先に相談してみることをおすすめします。

交通振動はどうしようもないのかな、とガマンしていた方は特に。

安らぎの場である家が、身構えなくてはいけない場所になるなんて、悲しいですもんね。

職員さんも

「まず補修してみますので、様子見して気になるようでしたらご連絡下さい」

と仰ってくれましたので、住み手としても安心感がありました。

補修ですからね。また冬の間、除雪車が削って痛む可能性もあるわけです。

そんな感じですが、対応してもらえるところが解ったので、だいぶ安心しました。

こちらの記事に辿り着いたあなたも、安心できる日々が過ごせますように。

ではでは今日はこの辺で。

 

【北海道】うちの吹き抜けの寒さ対策【札幌市】吹抜けはおしゃれで解放感もあり、憧れますよね~( ´∀` ) 御多分に漏れず、私も家を新築するにあたり「吹抜け欲しい!」と思いまし...
胆振東部地震|被災直後に買い足した防災グッズわたしは札幌市在中で、胆振東部地震の際は自宅で寝ていました。 前の記事にも避難バッグの準備について書いていたのですが、被災直後に買...

みゆの子育てライフへようこそ

みゆ
みゆ
育児と住宅の実体験レポートをシェアします!

産後うつをきっかけに、育児の記録を兼ねてブログを始めました。0歳期の完ミ育児を経て、1歳からは知育・おうち英語も開始!

一級建築士ママ。マイホームは建築士目線のレポートを更新中です。

カテゴリーリスト

HOME

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA