子育てと家づくり

Ⅱ型(セパレート)キッチンレイアウトと寸法の実例!図面付きで詳細にお伝えします

わが家はⅡ型(セパレート)キッチンにしました。

Ⅱ型キッチンのデメリットとして、汚れやすい・配置がピンとこないということが挙げられます。

メリットとしては、同じ部屋の広さに配置した一般的なⅠ型キッチンと比べて、作業スペースがとても広い!

Ⅱ型キッチンについて、レイアウトや作業中の写真を交えてご紹介します。

Ⅱ型(セパレート)キッチンとは

Ⅰ型キッチン・Ⅱ型キッチンと言われても聞いたことの無い方がほとんどの様です。

Ⅰ型キッチンはコンロ・作業台・シンクが一つにまとまったキッチンです。

みゆ
みゆ
一般的なキッチンはほぼⅠ型ですね。

Ⅱ型キッチンは、’Ⅱ’という字が表すように、キッチンが二つに分かれています。

コンロのキッチンとシンクのキッチンを、通路を挟んで2本平行にレイアウトするキッチンです。

どちらかは壁に付けて、もう一方はダイニングと対面になります。

わが家のⅡ型キッチンレイアウト

わが家のⅡ型キッチンのレイアウトをご紹介します。

図面より一部切り抜きました。

 

二の字キッチンのレイアウト

壁側がコンロで、ダイニング側がシンクです。

キッチン自体の広さは約5帖です。

一般的なキッチンの広さで、多い間取りは壁芯で2,275×3,640(mm)です。

わが家は2,325×3,640(mm)とほぼ同じ。

Ⅰ型キッチンをレイアウトする場合と同じ間取りに、Ⅱ型キッチンをレイアウトしました。

みゆ
みゆ
Ⅱ型キッチンだからといって、特に広い間取りではありません。

キッチンの大きさ(mm)

  • シンク側: 長さ1,800・奥行650・高さ900
  • コンロ側:長さ1,950・奥行650・高さ850

一般的なⅠ型キッチンの長さは、長さ2,550mmです。

Ⅱ型キッチンは繋げると長さ3,750mmになります。

1.2m程作業スペースが広く取れていることがわかります。

料理研究家の有元葉子さんも

「いかに平場(作業台)を確保するかが、料理をするうえで大事」

と仰っているのですが、確かに作業台が広いと調理中どんどん物を置けるのでストレスを感じません( ´∀` )

Ⅱ型キッチンの必要な通路幅

Ⅱ型キッチンはコンロとシンクが背中合わせになるので、通路幅を迷う所ですね。

ここで言う通路幅とは、カウンター同士の挟まれたスペースです。

Ⅰ型キッチンでは、ここの距離は90cm~110cmを推奨されています。

一般的に、キッチンカウンターと食器棚の間のスペースでは90cm取れていますが、冷蔵庫は奥行が食器棚より大きいので、キッチンカウンターの間は85cm位になる間取りが多いですね。

わが家ではⅡ型キッチンの通路幅は90cmにしました。

Ⅱ型キッチン実例・2人調理の通路幅

上の図面のキッチンです。

こちらで2人で作業すると、真後ろに人が来なければ問題なしです。

2人で調理することが多い場合は、120cm以上のスペースを推奨です。

わが家は90cmですが、ほとんど1人で調理します(;´∀`)ので、120cmはいらないなと。

120cmは人間工学で「調理をしている人の後ろで、もう一人がお盆を持って通れる寸法」なので、ちょっと広めです。

メリット・デメリット

Ⅱ型キッチンは調理中、コンロ側とシンク側の食材の移動があります。

通路スペースが材料や水で汚れやすいというデメリットがあります。

デメリット

  • 食材を運ぶとき、水や材料が床に落ちて汚れる
  • 振り返りの動作で疲れる

うちもそうなんですが、今はキッチンにもフローリングを貼るお宅が多いですよね。

対策としては、バットを使って作業する・床にマットを敷く…でしょうか。

あと、キッチンマットが好きじゃない方は、床材をタイルに変更する手もあります。

まな板に載せた切った野菜を床にコロリンとか、たまにやります…。

ただ実感としては、家を建てる前に住んでた賃貸のⅠ型キッチンの時も、同じくらい物を落としていました。笑

みゆ
みゆ
Ⅱ型キッチンになったから、床にさらに物を落とすようになったかと言うと…そうでもない、というふうに思っています。

うちでは床にシンク側にキッチンマットを、コンロ側には透明なキッチンマットを敷いています。

シンク側に立つことが多いので、キッチンマットは足にやさしいラグっぽいタイプを。

コンロ側はふき取りしやすい透明なマットを…というように使い分けています。

シンク側のキッチンマットは奥行の大きいものにしたんですが、次回は普通の奥行のでいいかなと思っています。

みゆ
みゆ
立っている場所って、ほとんどシンク側のカウンター近くなんですよね。

また作業効率が上がったので、振り返りで疲れるということもほとんど感じません。

物をよけたりずらしたりしながら作業していたほうが、ストレスでした。

シンクを起点に1~3歩でコンロ・食器棚・冷蔵庫にアクセスできますので、作業場所の確保と無駄な動きの無さがバランス取れていると感じます。

メリット

1.広いスペースが嬉しい!

シンクの横で下ごしらえをし、コンロ横で盛り付けができます。

揚げ物の時は、水を使う作業はシンク側の作業台・衣付けや油切りまでをコンロ側の作業台と完全に分けてできるので、水はねの心配がグンとなくなりました。

 

2.収納が多い

キッチンカウンターが長いので、収納できるスペースも伴って増えます。

わが家はコンロ横の作業台を、一部ゴミ箱スペースにしました。

ゴミ箱についてはシンデレラフィットした感動と併せて別記事に書いていますので、よかったらお読み下さい( ´∀` )

KEYUCAのゴミ箱レビュー!キッチンカウンター下にシンデレラフィット わが家のキッチンゴミ箱は、KEYUKCAのペダル式にしました。 白いキッチンに溶け込む、白一色のゴミ箱です。 ...

 

3.換気扇が壁側なので、ニオイがリビングに流れて行きにくい

 

4.キッチンに窓を大きく取れる

食器棚を背面にしないので、窓を2か所配置できました。

 

5.対面と壁側配置の両方のメリットがある

わたしは窓のそばで調理したいという希望があったので、壁側にも作業台が取れるⅡ型キッチンは最適。

そのうえで、シンクに立っているときはリビングが見える対面キッチンと同じなので、子どもの様子も見ることができます。

さいごに

広くて収納量のあるⅡ型キッチンに満足しています💛

検討中の方の参考になったら幸いです!

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

・住宅記事の一覧はこちらです( ´∀` )

一級建築士の専業主婦が自分の家を紹介しながら書いています。

 

・こちらの記事もどうぞ💛

ワークカウンターの配置とやって良かったことワークカウンターは取付て、本当に良かったと思います。 わが家では、ダイニングの横に設置しています。 オープンなLDKなので、...

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA