子育てと家づくり

育児に使いやすいコンセントの配置

みゆ
みゆ
こんにちは。一級建築士ママのみゆです。

いたずら防止のコンセント以外にも、育児に使いやすいコンセントがあります!

こちらの記事では、感電事故防止のコンセントをはじめ、家の中でコンセント需要が増えている場所、配置についてご紹介します。

マイホームをお考えの方や、リフォームの際のご参考に。お子さんがいらっしゃる家庭・家事の負担を減らしたいあなたにおすすめの内容です。

コンセントの高さは普通にする

保育園の設計では、コンセントの高さを子どもが届かない高い位置にします。

  • 一般的なコンセントの高さは25cmです。
  • 保育園では130cmの高さに設置しています。

自宅では子供はいずれ成長しますので、そこまでやりません。

普段使う位置のコンセントは、床に近い位置にあった方が使いやすいです。

 

例えば掃除機ですが、コードが130cmの高さから掃除機までぶらーんと下がっているのを想像してみて下さい。…かえって危なくないですか?

坊
コードにバチーン!って当たっちゃいそうだね
みゆ
みゆ

家具にぶつかったり、頭やコードに引っかかってしまう危険性もあるよね。

 

背の高いママがコンセントの抜き差しの負担軽減のため、高さを25cmから45cmに変更する…というのはOKです。

高齢の方の住まいでも、高めのコンセントの提案をします。

掃除機がコードレスやロボットをお使いの家庭では、あまり必要ないかもしれません。

 

他のコンセントいたずら対策・感電事故防止策を次に見てみましょう!

いたずら防止のコンセント

子供がいたずらして感電したら…と思うと心配になりますよね。

100均でもコンセントに差し込むキャップや、コンセントカバーがあります。

そういった一時的なグッズの他にも、コンセント自体がいたずら防止の機能付きのものがあります。

パナソニックの扉付コンセントです。

プラグの差込口が扉付になっていて、穴が開きっ放しになってません。

プラグをコンセントに差し込むと、扉が開きます。

子供が金属ピンなどを1か所の穴に差し込もうとすると、扉は開かないというものです。

みゆ
みゆ
プラグみたいに2刃同時に差さないと、扉があかないよ!
坊
あかちゃん目線にあるコンセントにいいね~

濡れた手でさわったり…なんていう感電事故の心配を減らしてくれますね。

このコンセントはお値段も極端にアップ!というものではないので、取り入れやすいです。

シンプルでぱっと見普通のコンセントと変わりません。おうちのコーディネートも邪魔しないところも◎

リビングや、子供部屋に。

子供部屋はセオリーよりも1か所多くする

コンセントの配置は、洋室・客間・寝室などの個室では

1部屋に2か所。対角線上に配置」がセオリーです

坊
1部屋に2つなんだ。意外と少ない気もするね。
みゆ
みゆ
最近子供部屋ではコンセント需要が多いよ。

子供部屋では、机を置くであろう場所にもう1か所追加しておくとベターです。

机の周りには、デスクライトを想定してコンセントは近くに設けます。

加えてPCやプリンター、スマホの充電など小型家電が考えられます。

机周りに間を離して2か所、更にもう1か所という配置です。

 

子供部屋にエアコンをつける場合、200Vのコンセントを天井付近に追加です。

みゆ
みゆ
エアコン用コンセントは動力が大きいので、最初からつけておきましょう。

後で工事すると分電盤からの配線が大変です。子供部屋に限らず、エアコンのコンセントは初めからつけておきましょう。

収納内部のコンセントが家事を制す

無線LAN、Wi-Fiによって家電でも無線化が進んでいます。

みゆ
みゆ
ぶっちゃけコードって邪魔以外何物でもないですもんね。

モデムやルーターなど、本体は見えない場所へ隠したいというニーズが増えてきています。

家庭の見えない場所と言えば、収納の中。

収納の棚にコンセントと電話ジャックを設けて、通信機器をまとめて置いている活用例があります。

ほこりを被る心配は少なくなりますが、機器は排熱があります。隣同士・高さ共に規定以上離して置くようにして下さい。

掃除機もコードレスやロボットタイプなど、充電をする需要が増えています。

収納内部に充電ステーションを設けておくと、充電中は扉を閉じてスッキリできますね!

みゆ
みゆ
育児中は部屋が片付かない…という悩みに、ひと役買ってくれます。
坊
隠せるものは、閉まっておきたいね~

わが家では収納内コンセントを設けて、棚にプリンターを置いています。

無線LANなので、使う時だけ電源を入れてます。

コピー紙やインクの予備も一緒にしまって置けるので便利です。

キッチンのコンセントはカウンター上に分散配置

便利家電が活躍するキッチン。

料理の家電には、やっぱりコンセントが必要です。

みゆ
みゆ
離乳食時期にはバーミックスにお世話になりました!

バーミックスやブレンダーなど、ドライヤー並みに電力消費が高い物が多いのも特徴。

それゆえキッチン家電は、コードレスや電池式にもなりにくい=コンセントが必要な家電です。

キッチンの家電は立って使う物なので、カウンターの上に配置するのが基本です。

家を建てた後に、キッチンはコンセントが後で欲しくなる場所なんですよね。新商品が多くて後々ニーズが発生する場所でもあります。

まとめ

育児に役立つコンセント
  • 保育園などの施設と違い、コンセントの高さは床の近くに
  • いたずら防止に扉付のコンセントがある。リビング・子供部屋にあると安心感が増す
  • 子供部屋のコンセントは3か所以上がおすすめ。
  • 収納内部に通信機器を一元化。
  • キッチンはカウンターの上にコンセントを配置

収納内部は生活スタイルの変化により、充電や通信ステーションとしてのコンセントニーズが増してきた場所です。

他にもご案内しましたが、コンセントは多ければいい!という物でもありません。

分電盤のアンペア数が上がって、電気代の契約料がUPするからです。

ご紹介した内容で、生活に合いそうな場所があったら取り入れてみて下さい。

 

▼ミニベビーベッドのお部屋レイアウトをご紹介♪あわせてどうぞ!

ミニベビーベッドはいつまで使える?お部屋レイアウト実例紹介ベビーベッドは場所を取るから、置く場所に困る…。という時に、ミニベビーベッドはコンパクトでスペースを取りません。使用期間はだいたいの家庭で、ベビーベッドもミニベビーベッドも同じくらいの1歳前後までです。レイアウトや10か月の赤ちゃんを寝かせてみた写真を交えてミニベビーベッドのレポートを詳しく書いています。...