吹抜け

【北海道】うちの吹き抜けの寒さ対策【札幌市】

吹抜けはおしゃれで解放感もあり、憧れますよね~( ´∀` )

御多分に漏れず、私も家を新築するにあたり「吹抜け欲しい!」と思いました。

ですが、ここは北海道札幌市。当然ですが、冬は寒い地域です。

いくら室内が暖房していて、断熱もしっかりしていても

「ないよりは、あるほうがそりゃ寒い」

というのが吹き抜けでした。

 

そこで今回新築するのにあたって採用したのが、

吹き抜けの大きな窓下に、電気ヒーターを設置する事でした。

場所はダイニングの吹き抜けと、階段室です。

こちらの記事ではさらに詳しくご紹介しますね。

吹き抜けが寒い理由

吹き抜けが寒いのは、窓の下から冷たい空気が床を走るから、というのが理由のひとつです。

コールドドラフトと呼ばれています。

暖房で暖められた空気は上へ行くので、天井まで届きます。

そうなると、吹き抜けの窓(大抵、大きなFIX(はめ殺し窓)にあたたかい空気が触れますと、窓ガラスは壁よりも温度が低いので、空気が冷やされます。

冷たい空気は下に行く性質があるので、床へと走ります。

この時、室内にいる人は「なんか足元がスースーする」という不快感があります。

ざっくり言うと、これがコールドドラフトです。

 

吹き抜け以外でも、通常居室の暖房パネルを窓下に設置しますよね。

あれも窓ガラスからのコールドドラフトを防ぐ目的です。

 

わが家では、

吹き抜けのFIXの真下の壁に、電気のパネルヒーターを取り付ける。

という対策をしました。

👆うちの展開図の抜粋です。

上の窓下にかいてある、緑の細い長方形が電気ヒーターです。

下は床設置の温水パネルヒーターです。

 

 

冷えた空気が床を走る前に、再度あたためて空気を押し上げ、コールドドラフトを和らげる。

という狙いです。

温水パネルヒーターをコールドドラフト対策に使うのは?

うちの暖房は、都市ガスのセントラルヒーティングなので、

壁掛けの熱源も電気より都市ガスの温水パネルのほうが、ランニングコストが安いです

実際ランニングを考慮して、わが家の暖房は、全て都市ガスの床置きタイプのパネルヒーターです。

しかしながら温水パネルを2階のFIX下部にある電気ヒーターの代わりに付ける案は、次の3つの理由により却下しました。

温水パネルは重たい

吹き抜けの窓の真下に設置するという事は、壁にパネルヒーターを設置することになります。

業者さんにがっちり止めてもらうので、良いと言えばいいんですが。

地震のこともありますし、頭上に重たいものがあるのって、ちょっと怖くないですか?

目立つ

床に設置する温水パネルと違って、

1階の天井ラインくらいの位置、視界に良く入る場所に取付するので

厚みがあり、操作ハンドルもあるので、悪目立ちします。

操作ハンドルも温度調整の機能のみなので、高い位置にあることからも基本的に操作する機会もほとんどないので、要らないモノなのに目立ってしまいます…。

ホコリがのる等、清掃の手間がある

しかもパネルの中間層は金属がアコーディオン状になっていて、清掃性も良くないです。

高い位置に設置しているので、掃除も大変です。

 

上記3点を考慮して、電気ヒーターにしました。

圧倒的にスリムです。

電気なので、オンオフが簡単にできるのも良い所です。

ダイニングにスイッチを付けてもらいましたので、就寝時や不在時にはスイッチをオフにするようにします。

そうやってランニングコストを抑えて使うようにしようと思います~。

まとめ

寒さが気になって、吹き抜けをためらう気持ち、良くわかります。

住宅の断熱性能は年々上がっていますが、気流の動きが出るのはある程度仕方ないかなと思います。

見た目やオシャレさを優先してがまんするか…と悩んでいるのでしたら、電気ヒーターの件をHMや工務店に相談してみて下さい。

あとは、窓ガラスの性能を、吹き抜けの所だけアップするという方法もあると思います。

例えばペアガラスからトリプルに変えるとか。

どちらを選ぶか?というのであれば、わたしは電気ヒーターを取ります。

ガラスが壁よりも冷たいのは、どうしようもないので、冷えた空気の方を暖めるという方法が腑に落ちました。

 

吹き抜け1年間住んでみたレポ👇

吹き抜け寒さ対策|ひと冬越してみて家を新築する際、吹き抜けのある家に住むのは初めてだったので、 2階のFIXに電気ヒーターを設置して、コールドドラフト対策をしました...

吹き抜け問題:うるさい👇

吹き抜けはうるさい!?設計で出来る対策と住まいかた解放感があって、明るくて、空間に変化もついて…と、憧れる吹抜けですが 意外と知らないデメリットもあります。 ...

 

家を建てる前にやっておきたい、たった2つの事わたしは札幌市の一級建築士ママです。 自分の家を建てるにあたり、私がやってみて良かった事を2つお知らせします! そして多くの...
家が車が通ると揺れる!どこに相談すれば良い?『トラックが通るたびに家が揺れて、全然落ち着きません😢』 …こういう悩みを一度持ってしまうと、気になり続けてしまいますよね。 ...

みゆの子育てライフへようこそ

みゆ
みゆ
育児と住宅の実体験レポートをシェアします!

産後うつをきっかけに、育児の記録を兼ねてブログを始めました。0歳期の完ミ育児を経て、1歳からは知育・おうち英語も開始!

一級建築士ママ。マイホームは建築士目線のレポートを更新中です。

カテゴリーリスト

HOME

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA