吹抜け

わが家の吹き抜け寒さ対策と一冬越した感想

わが家を新築する際、吹き抜けのある家に住むのは初めてだったので、

2階の大きなFIX窓枠に電気ヒーターを設置して、コールドドラフト対策をしました。

詳しくは

">【北海道】うちの吹き抜けの寒さ対策【札幌市】をどうぞ

吹き抜けの寒さ対策!建てる前・建てた後の方法を一級建築士が解説します 吹き抜けが気になるペンギン 吹き抜けってオシャレだけど寒いんでしょ? 戸建てならではの魅力がある吹き抜けですが、住んで...

こちらの記事では、入居からひと冬を過ごしてみたレポートと、寒さの対策に有効だったことについてお伝えします!

吹き抜けは寒かったのか

3月に入り冬も抜けてきた感がありますので、わが家の冬と吹き抜けのレポートをします☆

家の断熱性能

家の断熱性能は、札幌市の補助金用の等級で言えばスタンダード相当です。

この地域の新築住宅では、特筆するようなハイスペックではありません。

真ん中の上くらいの断熱性能だと思います。

暖房は都市ガスボイラーの各所パネルヒーターです。

わが家の吹き抜け

コールドドラフト対策として、吹き抜けに付けた大きなFIXの窓枠に、電気ヒーターを設置しました(スイッチ入り切り式)。

まず、言えることは…

吹き抜け、全然寒くありませんでした。

階段近くのワークカウンターにて座っていると、スースーすると感じることはありました。

他の、ダイニングやリビングでは全く感じずでした。

コールドドラフト対策につけた電気ヒーターは、スイッチオンしたのはワンシーズン通して1時間程です。

今後もスイッチを付けることはあるんだろうか…と、設置しなくても良かったんじゃないかと思います(汗)。

一般的な吹き抜けのある家の対策

吹き抜けの寒さ対策では、上下階の温度差を解消することです。

建てる前にできること

家を建てる前にできる対策としては、次のようなことがあります。

・1階を床暖房にする

・全館暖房にする

⇒2階は使ってないから…と暖房を止めたりすると、結露や温度ムラの原因になります。

余談ですが、非暖房室の窓や収納は結露になりやすく、北側は同じ部屋の中でもさらになりやすい場所です。

一冬越した後、収納に入れてた段ボールや寝具にカビが!!ということになりやすいので注意。

・吹き抜けの空間を小さくする(2階と繋がない)

⇒プランで閉じた吹き抜けになりそうなら、検討の価値あり

建てた後の対策

建てた後では、暖房をどう使うのかという方向になります。

2階は基本的に1階より暖かいのですが、2階でも冷えた部屋をつくらない、というのは同じです。

温度ムラを解消する方法として、サーキュレーターを使うという手があります。

サーキュレーターの送風で、吹き抜け天井付近の暖かい空気を下に降ろすという考えです。

上の商品は18畳用。吹き抜けの空間と2階につながる空間が大きいなら、24畳用があります(アイリスオーヤマでは最大)。

サーキュレーターは、夏場はエアコンの冷気を下から上へ動かすのにも〇

洗濯物にも使えるマルチな家電なので、試しに一つ購入して実験してみるのも良いかもしれません。

8畳用のものだと2,000円台で売っています。

わが家でも2階が暖かいので、サーキュレーターを導入してさらにエコ化にならないか、やってみたいと思います。

サーキュレーターの置き場は、吹き抜けの通路腰壁に載せようかと。

コードが邪魔になりそうなので、コードレスのものも検討しています。

吹き抜け寒さ対策でやって良かったこと

わが家の対策は、パネルヒーターメーカーに最適な温度設定を電話で聞いて実行したこと、24時間換気がある1階洗面所の戸を開けっ放しにしないことでした。

パネルヒーターの温度設定を見直す

わが家では、パネルヒーターで暖房しています。

居室の温度差を無くすために、パネルヒーターの目盛りを0にしないようにしました。

1階は寒く2階は暖かくなるのが普通なので、パネルヒーターのバルブの目盛りは、1階は最高の6。2階は3に設定しました。

これが功を奏したようで、家じゅうの温度ムラが少なかったと感じています。

節約のためにと、2階で完全に暖房しない部屋を作ってしまうと、そこから冷気が1階に降りてきて、不快な環境になってしまいます。

ボイラーの設定は一番温度の低い1にしました。

ボイラーの設定は低くして、パネルヒーターの目盛りは高めにする。

これはわが家のパネルヒーターメーカーのサンポットに電話して聞いた、おすすめの方法です。

実践してから、電気代・ガス代ともに節約できました!

こちらに詳しく書いていますので、あわせてどうぞ⇓

エコジョーズ【節約できる】ボイラーとパネルヒーターの設定方法とは? 節約したい ボイラーとパネルヒーターの設定方法で、光熱費って変わるの? パネルヒーターのメーカーに電話したところ、節約につなが...

24時間換気の部屋の戸を閉めておく

24時間換気の換気扇が常時動いている洗面所は、空気を引っ張る力があります。

階段が洗面所の真向かいにあるので、特に空気が動いてるように感じました。

まずやったことは、洗面所の扉を閉めました。

それだけでほぼ解消されました…。

※24時間換気は、シックハウス症候群問題をキッカケに、建築基準法で義務化されています。

さいごに

1年目は、せっかくFIXに付けた電気ヒーターの出番がほとんどないくらいの冬でした。

2月は40年に一度という寒い日があったりと、暖冬ではない1年だったのですが…。

今後も電気ヒーターはつけないかもしれないなぁ、と思いました。

サーキュレーターを導入したら、併用して効果を見てみたいような気もします。

 

それでは、今回はこのへんで!

ではでは~

 

住まいの図面、チェックとご相談に乗ります!

ココナラというスキルを販売するサイトでは、住宅の設計・プランのチェックや相談も出品しています

お悩みさん

今の担当さんの以外のプロに、家の図面をチェックしてもらいたい…

すでにハウスメーカーに依頼はしてるけど、セカンドオピニオンとして専門家にアドバイスをもらいたい、というような方にご利用いただいてます!

みゆ

お気軽にお問い合わせください!

\ 住宅設計歴16年の一級建築士ママによる /

https://miyu-life.com/hukinuke
吹き抜けの音対策!設計と住んでからの工夫解放感があって、明るくて、空間に変化もついて…と、憧れる吹抜けですが 意外と知らないデメリットもあります。 吹き抜けが音が響く理由と...

Amazonファミリーは妊娠中~子育て家庭の登録制無料サービス

  • 毎月更新セール!
  • ベビーの時期にあわせた商品紹介
  • 子育てに欠かせないアイテムを10~30%割引クーポン
みゆ

全部無料で受けられるサービスです!

⇒⇒⇒Amazonファミリー登録方法【無料】子育て家庭にイチオシ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA